スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るろうに剣心 伝説の最期編

今までのシリーズも見たうえで、
るろ剣リアルムービーししお編最終章を見ました。

とりあえず・・・一言、
アクションこんだけできて役者こんだけ集めて何故これになってしまったのだと言いたい。

ストーリー⇒意味の分からない改変。ポカーン。

アクション⇒すごいのは確かだが、あまりにアクションすごいでしょ!すごいでしょ!しすぎて飽きて途中寝た。
       絶対もっとアクションのシーンは剪定できたはず。
       いろんな動きのアイデアが出て、いいアクションばっかりだからカットしたくない!全部入れる!
       って感じで入れちゃったのかなあ、って感じがする。

アオシ様⇒こんな出方をするくらいなら、出てこない方がよかった。ただの狂ったストーカーと化す。

そうじろう⇒予告編見てそうじろうの過去パートあるのかなと期待してみたところ、
       過去どころか畳の部屋での縮地すら見れず、船の上で普通に剣心と闘って
       急に足痛めて発狂して負けた。神木隆之介という宗次郎に最適な役者が
       素晴らしい演技をしてくれているのに、完全に無駄遣い。

佐之助と和尚⇒ただボコりあってるだけ。二重の極みなど影も形もなし。
          佐之助が何にも成長していないバカにしか見えず、残念。
          和尚の口だけ十本刀紹介、ありがとうござゃした。

SHISHIO様⇒藤原竜也、まじで演技すごい。ししおだ。ヒャッハァって言いながら闘うところとか、
         漫画の感じを残しつつリアルに演じてて感動した。
         みんなにフルボッコされるシーンでは、心の底からシシオ様を応援しました。
         こんなにすごい演技をしてくれたのにクソストーリーのせいで映画全体は残念な仕上がりに。

この映画って、京都大火編とつながるように、ちゃんと考えて作られたんだろうか・・・?
ししお編を短くまとめるにはいろいろと苦労もあったんだろうけど、
ピックアップしてくるエピソードとかキャラクターとか、全体を見てから振り返ると
なんでアレにあんなに尺取ったんだろ?とか思うし、ハア、意味分からん。

中途半端に出すなら出さなくていいのに、
役目すまし的に原作ファンにしか分からないキャラとかエピソードを一瞬だけ出したりセリフで説明させたりして、
いろいろ雑すぎて見れたものではありません…。原作を冒涜してるとすら思います。

せっかくのキャスト、アクションがもったいない映画でした。
スポンサーサイト

地獄でなぜ悪い

images2.jpg

images.jpg

「地獄でなぜ悪い」見てきちゃいましたよーひゃっほう。
園子温監督の最新作。
誰も見に行かないだろうとか思ってたら、映画館行ったら割と人がいました。
中年の夫婦、一人で見に来てる女の子・男の子、友達同士で来てる人…いろいろでした。
こんな映画を二人で見に来れるなんて、なんて羨ましい夫婦だろう。

三行で感想を述べますと

今まで見てきた園監督の映画の中で一番意味がなくてはちゃめちゃな映画だった。
二階堂ふみがえろくて悪くて最高だった。
星野源のイメージがぶっ壊れた。


ストーリーはあります。
ストーリーはあるのですが意味はないのです。
大御所・有名人を集めた自主製作映画みたいなノリ。堤さん楽しそうだったな~
いやー面白かった。

二階堂ふみはヒミズを見たときからすごい人だなーと思っていたのですが
今回も素晴らしかったです。
今回はヤクザの娘役だったのですが露出度の高い服から覗く乳や足のけしからんこと!スタイル良すぎ
こんなに美人でナイスバディなのにちょっと痛いというか、まっすぐじゃない感じが素晴らしいと思う。
ちょっと影のある役でもはっちゃけた役でもなんでもできそう。
今一番気になる女優さん。

星野源は軽めのポップな歌を歌っている雰囲気イケメンというくらいの印象しか
持っていなかったのですが、こんな映画にこんな感じで登場しちゃうような人だったの?!
星野源、一体何者…。

見に行った人はきっと「ギリギリ歯ぎしりレッツゴー♪」のメロディーが頭から離れなくなるでしょう。
スプラッタコメディ映画が見たい人は是非!

ジャンゴ

忙しくてなかなか更新するひま、
映画を見る暇がありません・・・×_×

仕事終わりにレイトショーで
ジャンゴ/繋がれざる者見て来ました。

タランティーノの西部劇です。

タランティーノの映画が持つコミカルさ、スピーディさが、
西部劇にぴったり!

そして相変わらず、凝った脚本と駆け引きの妙が非常に面白かったです。

ほんとタランティーノの映画はおもしろい!!
さいこー!
DVD買いたい。

ライフ・オブ・パイ

あと少しで公開が終わりそうな映画、
「ライフ・オブ・パイ」を見てきました。
トラと海の上を漂流するよ~


予告を見た限りではあまりそそられなかったのですが、
今回知人に誘われたためまぁ見てみるかと思いまして。

そしたら・・・思いのほかよかったです!

映画中に描かれる自然がとにかく美しく、
映画館で見た方が絶対いいと思います。

トラとともに漂流するというファンタジーが、
ある程度リアリティーを持って
主人公に感情移入できるように描かれていることがすごいと思います。

宗教や神の存在について関心があればなお面白いでしょう。

美しい映画でした。
アン・リーはラスト・コーションの印象しかなかったけれど、
今回のライフ・オブ・パイで少し近づきやすい存在となりました。
(ラスト・コーションもよかったけど、ちょっと見るのは一回でいいかな~みたいな。
ライフオブパイは何回でも見れる感じ)

レ・ミゼラブル

現在公開中の映画、レ・ミゼラブルを見て来ました。

すごくよかったのですが、
疲労がたまった状態で見に行ったので
歌が心地よくて途中寝てしまいました・・・
気が付いたら革命が始まっていた。笑

でもところどころ感動して泣けました。
歌って問答無用に心に響きますね。
俳優人の演技が素晴らしいです。

アン・ハサウェイは最近いろいろな役に挑戦していていいですね。
こんなに歌える人だとは知りませんでした。
あとラッセル・クロウも渋くてよかったぁ。

私はあまり歴史に明るくないのですが
こういう映画を見るといつも歴史を勉強しなきゃなあ、と思います

その時代の人々にどんなことがあって、
その頃はどんな暮らしをしていてっていうことを知ってるか知らないかで
映画から受け取るものが違ってくると思うし

感覚的に感動する しない というのも
大事なことだとは思いますが
もう少し繊細な物の受け取り方ができたらなあ、と
自分の感受性の大味感(笑)が残念です。

とりあえず感覚的には感動できた映画でしたよ。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。