スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設定はとても面白そうなのだが・・・

ガタカ [DVD]ガタカ [DVD]
(2009/06/03)
アラン・アーキン、イーサン・ホーク 他

商品詳細を見る


ガタカを見ました。★★★☆☆
タイトルのガタカですがGattacaと書きます。説明は以下の通り。
「「Gattaca」のスペルであり、クレジットで強調されるGとAとTとCは、DNAの基本塩基であるguanine(グアニン)、adenine(アデニン)、thymine(チミン)、cytosine(シトシン)の頭文字である。」(wiki)

タイトルの説明から分かる通り遺伝子関連の話ですね。

★簡単なあらすじ
 近未来、人間は出生前の遺伝子操作により、肌の色や能力など望ましい資質を備えた赤ん坊を産むことができるようになっていた。そうした遺伝子操作が当たり前となった世界において、自然に生まれた疾患を持つ人間は「不適正者」として差別されていた。主人公ヴィンセントは生まれつき心臓が弱く、宇宙飛行士を目指すものの「不適正者」のため会社に入ることができない。そこで優れた遺伝子を持つものの事故により脚が不自由になったジェロームという男になりすまし、会社に入社し、宇宙に行く夢を叶えようとする。

遺伝子操作、近未来、適正者不適正者・・・なんか見るだけでワクワクする設定です!
この監督は最近あった「TIME」という映画の監督と同じらしく、なるほどと思いました。
TIMEも近未来、寿命の長さで買い物、格差社会・・・という設定の面白さがあったので。

この先ネタバレしているので注意してください。

TIMEもガタカも見て、2作とも「なんだか設定はとても面白いのだが、その設定の割に軽い内容になってしまっている」印象を受けました。

TIMEでは時間をお金として、寿命を売ったり買ったりするという設定は楽しめましたが、
CMで壮大な雰囲気を出し過ぎたせいもあってか、
結局ちょいワル・まじめ系・ナイスガイと世間知らず・金持ち・美人嬢の逃走劇というキャッチーな軽いお話にまとまっていて、期待はずれでした。
せっかく興味深い世界観なのになんか活かしきれてないような・・・

ガタカは・・・なんでしょう。細かいところが気になってしまいました。
・そんなに近未来なら、車いすじゃなくて義足くらいつければいのでは。
 出生前だけじゃなくて事故の怪我とかに対する医療ももうちょい発達してていいのでは?
・同じく近未来だしお金もあるんだからエレベーターくらいつけろよ。
・遠泳はできるのに、なぜ20分走ると死にそうになるのか分からない。
・髪の毛一本も落とさないとかかなり厳しいのでは。人と接触しないのも難しいでしょ・・・
などなど。

細かいところを気にせずに楽しめる映画というのもあると思うのですが、
この映画では細かいところが気になってしまいました。
設定ありきの映画だから余計に感じてしまったんでしょうかね。
細かい部分を「こういうことがしたい」という気持ちで押し切ってる感じがする。


全体のオシャレ感は素敵でした。
青っぽい画面に、
クレジットでG・A・C・Tの文字だけ浮かび上がらせる等、映像的に綺麗。

そしてTIMEはジャスティン・ティンバーレイク、ガタカはジュード・ロウがかっこいい。
AIでもジュードロウ出てたけどちょっとクセのある脇役キャラの時、彼はかっこよすぎます・・・
スポンサーサイト
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。