スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしい本泥棒

久々の更新ですー

ブログ新しくしようかと思いましたが
労力がかかるのでこのままちびちび更新することに決定。

たまにしか更新できませんがひっそりと綴っていけたらと思っております。

今回見たのは「やさしい本泥棒」という映画です。

タイトル

タイトルからは想像つきませんが、ホロコースト物です。

私は原作「The book thief」↓を先に読んでおりまして、映画があることを知り早速借りて見てみました・ω・
本泥棒本

原作者のおばあさんの実体験をもとに創られたフィクションのようで、
原作は2005年ごろに出版されていて、その後2013年に映画化されたのですが
日本では2014年に公開予定だったのに中止され、DVDレンタルのみ2015年1月から始まったようです。

興行収入が見込めない映画との判断だったのでしょうか?公開中止の理由は分かりませんが、
良作なので見ないともったいないです。

あらすじ

ストーリーは1939年ナチス政権下のドイツが舞台。
主人公のリーゼルの母親は共産主義者で、ナチスから迫害される立場にあったため、
危険を避けるためリーゼルが里親に預けられるところから物語は始まります。
もともとは弟も一緒に来る予定でしたが、道中、寒さのため亡くなってしまいました。
このとき、リーゼルは墓掘り職人が落とした「墓掘り職人の手引き書」を拾います。

弟は死んでしまい、母親とは離れ離れ。
養母の作るスープはまずく、厳しく言いたてられてリーゼルは悲しみの淵にいました。
しかし、アコーディオン弾きでペンキ屋の養父がユーモアたっぷりに愛情を注いでくれ、
養母の厳しいながらも愛情にあふれた優しい人柄にも気付き始め、
ルディという男の子のケンカ仲間もでき、
リーゼルは少しずつ心を開いていきます。

本泥棒
(左が養父のハンス・フーバーマン。ジェフリー・ラッシュが演じています。
「英国王のスピーチ」の言語療法士役や、「パイレーツオブカリビアン」のバルボッサ役で有名ですね。
「シャイン」では実在のピアニストを演じてアカデミー賞主演男優賞を受賞しておられます。
右は養母のローザ・フーバーマン。エミリー・ワトソン・・・どっかで見たことあると思ってたら、
なんと「奇跡の海」の主役でした・・・役柄が違いすぎて気付かなかった。
両者とも演技力抜群で本当によかった!!)


本泥棒2
(ルディ役の男の子がかわいすぎて鼻血出そうだった。
本読んでイメージしてたのはもう少し粗野な感じのするやんちゃな男の子だったけど、
これはこれでいい。とてもキュートな二人でした。)


リーゼルは字が読めなかったので、学校でバカにされます。
気の強いリーゼルは男子に殴りかかって黙らせますが、
字が読めないことを気にしていました。
ある晩、リーゼルが「墓掘り職人の手引書」を
持っているのを養父が見つけ、それ以来二人は毎晩
少しずつ本を一緒に読みといていくことになりました。

言葉を覚えるリーゼルと共に、
ナチスによる言論統制の様子が映画の中で描かれます。
子供たちはドイツを賞賛しユダヤ人やマイノリティを貶める歌を歌わされ、
有害図書は高く積み上げられて焼かれます。
焼け残った本の中から、リーゼルは一冊の本をこっそり持ち帰ります。
手にした本達を繰り返し読みながら、リーゼルの心の中で言葉の力が確かに育っていくのでした。
お察しの通り、こうしたリーゼルの小さな「盗み」たちが、「本泥棒」というタイトルの所以です。

(映画では「泥棒」というだけだと印象が悪くなると思ったのか
「やさしい本泥棒」というタイトルに変えられてますが、
個人的には「やさしい」は蛇足というか、大きなお世話な気がします^^;
本泥棒の前につく形容詞の部分は映画を見た人が自分で考えるってば。
英題そのままThe book thiefでもよかったんじゃあ・・・公開もしてないんだから、ねえ。
とちょっと文句言ってみる。)


ユダヤ人や共産主義者への迫害が強まっていく中、
とあるユダヤ人が助けを求めてハンス・フーバーマン(養父)の家を訪ねてきます。
彼の名前はマックスといい、彼の父親はハンスの命の恩人だったのです。
悩む余地もなく、ハンスは彼をかくまうことを即断しますが、
ハンスとリーゼル達は危険にさらされていくことになるのでした・・・

マックス


本と映画ごちゃまぜ感想(ネタバレあり)


ホロコースト物の映画は
「シンドラーのリスト」「戦場のピアニスト」「縞模様のパジャマの少年」等いくつか見ましたが、
この「やさしい本泥棒」は他のホロコースト物と少し毛色の違う作品でした。

まず、ナレーションが死神なのです。
それも、恐ろしい死神というより、淡々と仕事をするどこか人情味ある死神です。
映画ではナレーションは大事なところでしか出てこないのですが、
本では全編を通して死神ナレーションですので、
それによって少しファンタジックな雰囲気が感じられて、
そこが他のものと違う感じがしました。
子どもも読むことができるライトさがありながら、
ホロコーストの悲惨さは損なわれていないのが不思議というか、すごいですね。

さて、映画と本をどちらも見てしまうとどうしても比べてしまいますが、
基本的に原作に忠実で、配役や景色等も
ほぼ本で想像した通りで、よかったです^^
そして俳優たちの演技がとにかく素晴らしかった!

しかし、当然省略されている個所も多く存在し、
ハンスがマックスの父に対してどのような恩があったか、の説明もはしょられていたし
特に唯一ひっかかったのは
原作ではマックスがリーゼルに絵本を創って渡すのですが、
その絵本のエピソードがまるまるカットされていたことです。
結構メインテーマになるような部分だったので意外でした。
時間がなかったのかな~??

省略部分にもたくさん大事なエピソードが詰まっているので
映画見ていいなって思われた方は
ぜひ原作も読むことをオススメします。
スポンサーサイト

イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ [DVD]イングロリアス・バスターズ [DVD]
(2012/04/13)
ブラッド・ピット、メラニー・ロラン 他

商品詳細を見る


第二次世界大戦下のフランスが舞台。
ナチスものです。
ブラピはナチス軍人をバスターする側の役です。
戦争物だけどコミカル。
戦争コメディっていうジャンルもあるのかもしれない、と思った。

************************************

やっぱりタランティーノって天才だなー!と思わされる一本。
めっちゃよく出来てるしおもしろい!!脚本すごい。
タランティーノ監督の映画の中で一番好きです。

パルプ・フィクションでも思いましたが、
タランティーノ作品の魅力は駆け引きの緊張感ではないでしょうか?
今回の「イングロリアス・バスターズ」では、特に緊張感を楽しむことができました。

もうひとつの魅力はテンポ感。
かなり残忍なシーンや重たいエピソードもあるのですが
コミカルな演出によってそれを負担に感じさせません。

様々な人物のエピソードをつぎはぎして一つの大きな物語を形成していく手法は
パルプ・フィクションと通じますが、パルプ・フィクションよりも小慣れているというか、
冗長な演出も減り鑑賞しやすくなったと思います。
パルプ・フィクションにはパルプ・フィクションのよさがあると思いますが
個人的には洗練された感じのするイングロリアス・バスターズの方が好み。

グロいの結構平気、という人はぜひ一度ご鑑賞ください!!長いけど面白い。
(グロさ的にはまあまあグロいです。頭の皮はいだりバットで脳みそ散乱したりします。
あと容赦ない感じですいろいろ。)

★その他感想箇条書き(ネタバレ全開)↓

・ブラピもよかったけどナチの大佐役のクリストフ・ヴァルツの演技がすごかった。
 特に印象に残っているのは、最初のユダヤ人を匿っている家を立ち入り調査するシーンで
 探りを入れる雑談から、「お前はユダヤ人家族を匿っているな?」と核心に迫ろうとするときの
 顔の微妙な変化。眉毛や口、顔の筋肉のほんの少しの動きで、一瞬にして
 残酷な大佐の顔になったなーと感じました。

・スティーグリッツの紹介wwジャジャーンてwしかもお前だけかよw
 絶対気に入ってるキャラクターなんだろうなあ。

・即効で自分の味方の居場所教えるドイツ兵、ウケました。

・ランダ大佐よりもショシャナに迫ってきたツォラーさんがウザかった。
・ランダ大佐は嫌みで粘着質すぎるところがウザイを通り越してかわいい。
 一番最後のめっちゃ焦りだすところ超かわいい。なんでそこだけそんなにツメが甘いの、浮かれすぎ。

・ハマーシュマルクさんが足の傷をグリグリされるところが一番痛かった。ああああ

・ショシャナが死んじゃうところは嫌だけど、ツォラーが反撃したときは
 「さすが軍人、やるな」と思った。

・最後の映画館炎上のシーンは鳥肌物。

フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケット [DVD]フルメタル・ジャケット [DVD]
(2010/04/21)
マシュー・モディーン、リー・アーメイ 他

商品詳細を見る


今まで★で評価つけてましたが、つけにくいのでやめます。笑
おもしろいけど好きじゃなかったり、好きだけどおもしろいとは言えなかったり
いろいろ難しい。

フルメタル・ジャケットを見ました!
キューブリックのベトナム戦争映画です。

戦争映画というと、前線で闘うものをイメージしていたのですが、
こちらは前半は海軍学校で兵士たちが卒業するまでを描き、
後半はその卒業した兵士の一人である青年が報道部に入ってベトナム戦争を取材するという構成でした。

構成がユニークで新鮮!
おもしろかったです。

ベトナム戦争物は、他に「ディア・ハンター」を見たことがありますが
そちらは若者が戦争に旅立ってから、戦争が終わって帰ってきてその後まで描いているのに対し、
フルメタル・ジャケットは戦争の終わりまで描かれることはなく、
戦争前~戦争中の一場面を描くことで「戦争」を表現している感じでした。

海軍学校の士官の
「お前らはここを卒業するまでウジ虫以下だ。ここに人種差別はない。お前らは平等に価値がない
っていうセリフが印象に残りました。

全員ウジ虫以下の扱いということですね。はい。
イヤすぎる平等ですが、自分だけがひどい扱いを受けているわけではなく
みんな一緒なんだと思うことは、悪い環境を耐え抜くために必要な救いになり得ますね。
まぁイヤですけどね笑

ずっと張りつめた緊張状態であったり、悲惨さを前面に押し出した戦争物もありますが、
これはそうしたものとは違い、あっさりと鑑賞できるように思います。
兵士たちのかけ声とか、走り込みしながら歌うところとか、テンポがよくてユーモラス。
悲惨さや恐ろしさを、くどくどとドラマ仕立てにしないで淡々と描いてあるところが好みでした。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。