スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バケモノの子

先日書いた記事のセッションの原題は「ウィップラッシュ」だったんですね。
確かにセッションっていうタイトル、なんかしっくり来なかった。
だってセッションっていうより個人で昇華してる話だもの。
原題聞いて納得。

さてさて、夏休みにぴったりの
さわやかアニメ「バケモノの子」を見ました。

bakemono1.jpg

「時をかける少女」「サマーウォーズ」でおなじみの細田守監督の最新作。

案外がっかりしたなんて話も聞きますが、
まあそれだけ期待が大きいということなんでしょうね。

<あらすじ>

主人公九太は事故で母親を亡くし、父親も離婚で既に離別していたことから親戚に預けられかけますが、
いけすかない親戚を好きになれない九太は9歳にして一人で生きていくことを決意。

しかし東京でわずか9歳の子供が一人で生きてく場所などありません。
自転車置き場で座り込んでいたところ、獣のような男が付き人と共に目の前を通りがかります。

bakemono2.png

bakemono3.png

「弟子」となる者を探しているこの男こそポスターにも載っております、くまてつさんです。
付き人との会話によれば
①バケモノの世界にはソウシ様と呼ばれる大魔道師、長老みたいな存在があり
②そのソウシ様が今度引退して神へと昇華するとお決めになった。(社長が会長とか名誉顧問になるかんじ?)
③だからソウシ様の後継者の選考が近々行われる。熊徹さんはどうやらどの候補者である。
④ソウシ候補者は弟子くらい取れる者でなくてはならん。弟子を作れ。とのソウシ様からのご命令。
⑤しかし熊徹さんはだいぶ大雑把で短気なバケモノなので、弟子がすぐ逃げ出してしまう。
⑥こーなったら人間でもいいから筋のありそうな奴を弟子にしたい。

・・・ということで九太の目を見て何かを感じた熊徹さんは
「お前俺と一緒にくるかぁ?気が向いたらついてこい」と言い残し、その場を去ります。

九太ははじめその気はなかったものの、警察に補導されそうになり
逃げているうちに渋谷の路地裏からバケモノの世界「渋天街」へ迷い込みます。

そこで熊徹さんと再会し、弟子となる運びになったのでした・・・。

あとは書くのがめんどくさい
書いてしまうとおもしろくなくなってしまうので、はしょります。

**************************************

<感想>ネタバレ注意

おもしろい!
家族・恋人・友人誰と見に行っても気まずくならずに楽しめる
清涼飲料水のような映画。
音楽もいいし、心が洗われる。

意外とこういう映画って貴重なので。
「サマーウォーズ」もそんな映画でしたね。

大体役者さんが声をしていたのですが
中でも役所広司、うますぎる。
役所さんの声で熊徹さんのキャラクターはさらに魅力的になってます。
染谷将太はほんとに演技がうまくて素晴らしい役者さんだと私は思っているのですが
今回九太青年期の声はどーしても染谷くんの顔がちらついてしまい・・・
宮崎あおいもしかり。
うーん。

物語的に「?」ってなるとこは何か所かあったけど
(小学校から行ってない主人公がなんでいきなりメルヴィルの「白鯨」を読むの?とか笑
主人公大学うんぬんの前に何年も行方不明になってたらもっと騒がれるだろとか)
まあ気にするのは野暮か。

"渋天街"に迷い込むところや自分の「影」の描写は
「千と千尋の神隠し」を彷彿とさせました。オマージュかな?
「千と千尋」は文学で「バケモノの子」はライトノベルって感じ。
材料は同じですが「千と千尋」はそれを世界観の中に溶け込ませている。
「バケモノの子」はメッセージの伝え方がよくも悪くも分かりやすい。

どっちが良いとかでなく単純に違う路線の人だと思うので
細田スタイルで今後もさわやか夏アニメをたくさん供給してくれたら私がうれしい。
熊徹と主人公の絆ができて二人で成長していくところや、
アニメーションも素直に楽しめたし元気をもらえました。

余談。
前に「思い出のマーニー」を見に行ったときは
「まだ終わらないのー?」と子供が退屈する声が周りから聞こえてきていて、
「バケモノの子」ではそれがなかった。
この映画は夏休みに必要な映画。
スポンサーサイト

009を見て思ったことを羅列してみる

サイボーグ009を見て思ったことを
ネタバレ全開で羅列してみる。

・攻殻機動隊と雰囲気が似ている。
 攻殻機動隊の劇場版を見たときも話についていけなかったが、
 攻殻機動隊は話がすごく練られているのがよく感じられてこっちの頭がついていかないんだなー
 って感じだったけど、この009Re:CYBORGは正直単なる説明不足というか、
 広げた風呂敷をすごくザツに回収したように感じてしまった。

・個人的に核爆発から主人公が加速装置で全力で逃げるところが興奮MAX
(このアニメーションはまじですごかった)で、
 そのあとは段々気分的にフェードアウトしていった。
 主人公が核爆弾を一人で止めに行こうとするときに
 「僕はこのために生かされていたんだ」とフランソワーズに語るところ、
 あそこがすごくいいシーンのはずなのだが、正直「えっ、そんなことのために生まれてきたんかい」
 と冷静に心の中でつっこみを入れる余裕ができてしまっていた・・・。
 多分核爆弾がラスボスっていう展開がありがちでがっかりしたからだと思う。

・ピュンマとかいう考古学者の能力って結局一回も出てきてないんじゃないのか・・・
 そしてハゲたクネクネしたおじちゃんも何のためにでてきたのか・・・
 彼等の扱いが適当すぎる。
 ピュンマさんは謎ときに深く関わっていくべきだったと思うのだが、
 その辺も含めラストで全く疑問が回収されない。

・ジェットの空中戦のBGMがかっこよすぎるぅうう

・主人公が最後核爆弾を止めるところで「彼」に向かって長いセリフを言うところ、
 「正直大事なことを全部セリフで表現できちゃう映画ってだめなんじゃないかなぁ、
 っていうかここちょっと笑ってしまうんですけど・・・」とかうっすら思ってたんですが
 宮野真守の熱演によってだんだん心を動かされていった。声優さんってすごいね。

・最後はポカーンエンドです。
 あそこどこやねん。結局どうなってん。「彼の声」ってなんやねん。
 上手く説明できないから哲学っぽさでふんわり終わらせたんじゃないのか。 
 それとも私の頭が悪いだけですか。
 納得いく解説してくれるサイトをこの先見つけたら(ちょっとまだ見つけてない)
 頭悪かったことを認めることにします。笑
 でもなんか、終盤の展開はザツだなって感じました。
 新しさもないし、雰囲気だけでまとめた感じが・・・。

加速装置最強すぎる。フランソワーズがえろすぎる。

現在公開中の009の劇場版をみにいきましたー!

009main2.jpg

素晴らしいアニメーション!満足です!

あらすじは、
ギルモア博士によって造られた9人のサイボーグ達が、
「彼の声」に従って人間を破滅へと導こうとする者たちから
世界を救おうとする、というもの。ざっくりですが。

「攻殻機動隊」を手掛けたプロダクションIGが作画なだけあって
ものすごーくアニメーションに気合いが入っています!
アニメの作画への気合いを感じ取るだけで感動します。
主人公の加速装置を表現するスローモーション、
空中戦での戦闘機の作画、
銃を連射する際に薬莢が飛び散る感じ、
超かっこよく仕上がっています。
激アツです。

ただ、全体的にトゥーンレンダリングっていうんですか?なんでしたっけ?
2Dなんだけど、ちょっと3Dっぽいアイツなんですよ。
もちろんすごくリアルでかっこいいんだけど、ちょっと表情とか動きとかが
ぎこちなくなってしまうところがあって、普通の2Dの方がいいかも、と思いました。
本当に素晴らしい作画ですが。

話については、うーん置いていかれたなあって感じがしました。
宗教や政治が絡んでいろんな組織同士の抗争が起こるのは好きなんですが、
哲学的すぎてちょっとついていけなかったなあ・・・。
ラストは結局どうなったのか、私にはよく分かりませんでした^^;
いろいろ解説サイトを覗いてみたいと思います。

あと・・・超人もので現実世界を舞台にした映画って
なんでいつも核爆弾が出てくるんでしょう。
威力がすごいのは分かりますが、ちょっと飽きました。
そして超人たちから見ても最終兵器な核爆弾が実際に存在してるっていう事実が
怖いんですけど、と思いました。

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪を見て来ました!

あんなキラキラしてそうな映画絶対泣かないだろうと思っていたら
久しぶりに映画見て泣いてしまった。

すがすがしい音楽に乗せた映像美に感動しました。
セリフが少なくて映像の流れで進める感じがよかったです。

アニメ見たなぁって気分になりました!

子どももたくさん映画館に見に来ていましたが楽しそうでした。
どの世代の人も楽しめる映画だと思います。

名探偵コナン 11人目のストライカー

友人に誘われて、名探偵コナンの最新劇場版を見てまいりました。

コナンの映画、ひっっさしぶりに見たのですが、
いやー面白かったです。こんなに面白いものだとは知りませんでした。

小さい頃はそこまで疑問に思ってなかったけど
警察と小五郎の無能っぷりが常軌を逸している。
小学生からヒントをもらってばかりのメグレさん。
誰でも分かる推理しかしない白鳥さん。
思いつきの推理を信じ込み、推理の穴を指摘されても「気のせいだ!」「行けばわかる!」を連呼する小五郎さん。
コナンのトンデモ道具の使いっぷりもハイパーすぎて面白かった。
つっこみどころ満載すぎて劇場で何度か爆笑しそうになりました。

でもコナンのすごいところは
そういうスレた楽しみ方だけじゃなくて
最後まで飽きさせない展開を用意してくれている。
真犯人に辿りつくまでにひと山ふた山準備されてます。
サスペンスあり、人情あり、コメディ要素ありの
最高のエンターテイメント映画でした。

あと今回はサッカー場が舞台ということで、
実在するサッカー選手が何人か本人役で出てます。
正直トトロのお父さんもびっくりの大根ぶりでしたが
本業ではないので致し方ない。
三浦さんが一番上手かった。

いや今日も楽しかった。
おやすみなさい。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。