スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リップヴァンウィンクルの花嫁

ripp.png

「花とアリス」の監督、岩井俊二作品を久々に堪能。
相変わらず、イライラさせる女の子を描くのが本当に上手で、
人間という存在にまとわりつく、じめじめした不気味な何かを
映画内を漂う空気の中で表現するのが本当に上手で、
素晴らしかったです。

「リップヴァンウィンクル」をググってみると、
アメリカの短編小説のタイトルであり主人公の名前らしい。そしてその内容は「日本版浦島太郎」。
アメリカ英語では「眠っている人」「時代遅れの人」といった意味合いの慣用句だそうです。
映画の中での意味はお楽しみ。

キャストは豪華。
黒木華、Cocco、綾野剛と大物若手が出てます。
Coccoは役者というよりほぼほぼそのまんまな感じがします。笑
黒木華、この人は、女優として、美人の役ももさい役もどっちもできるからいいね。

ストーリーは、Cocco演じる真白に黒木華演じる七海が出会う前と出会った後で
大きく2つに分かれる。
真白に出会う前の七海の人生はといえば、
国語の非常勤講師とコンビニ店員をかけもちする生活、
生徒からは声が小さいと揶揄されいじめられる。
教員としての適性がないとみなされ解雇されてしまう。
ネットで知り合ったマザコン男と結婚する予定だったので寿退職ということにしたけれど、
結婚してすぐに、姑にハメられて浮気したことにされて離婚させられるという悲惨なもの。

七海はただはっきり主張できない性格だっただけのようにも思えるけれど、
でもその性格が致命的で、
周囲のちょっとした悪意に振り回されて、
気づけば底知れない悪夢みたいな流れに呑まれていってしまってる。

はっきりと主張できない人間が、どんどん悪い流れに呑まれていっちゃう空気感が、
なんとなくダンサーインザダークを彷彿とさせた。
いや、内容は全く違うんだけど、なんか流れる暗さの質が同じというか。じとっとしてた。

真白に出会ってからの後半は、状況がよくなるわけではないけど
主人公七海は元気になっていきます。
詳しくは、映画見てください。

じめじめしてるけど何かきれいなものを見たような、
でも現実を突き付けられたような、そんな映画でした。
スポンサーサイト

おみおくりの作法

王様のブランチでLiLicoが
絶賛していたので

おみおくりの作法を見ました。
omiokuri1.jpg

<あらすじ>
舞台はロンドン。主人公のジョン・メイは公務員で、孤独死した人の葬儀を執り行う仕事をしている。

その仕事ぶりはとてつもなく丁寧。
家族を探し、葬儀に参列してくれないか頼み、断られても
孤独死した部屋に残されたものを頼りに
その人の人生を想像して弔辞を書き、その人に合う音楽を選び
教会できちんと葬儀を執り行う。

しかしある日、丁寧に仕事をしすぎている、もっと早く数をこなせる人を雇うと
解雇を言い渡されてしまう。
すぐに辞めるよう言われたジョンだったが、
向かいのマンションで孤独死したビリー・ストークの人生に今まで以上に
興味を惹かれ、最後の仕事として自分が担当することを決意。
家族や知人を訪ね、ビリーの人生を追っていくのであった。

****************************************

<感想>ネタバレ注意!

地味ですが良作!


主人公の仕事ぶりもそうですが、この映画自体がものすごく丁寧に作られていると感じました。
セリフもあまりなく、カットを追うことで何が起こったかわかるよう、よく練られています。
そして1カット1カットが絵画のようでとても凝っています。
「絵」として美しいというのも、映画の魅力のひとつなんだな~と思いました。

omiokuri4.png

omiokuri3.png

omiokuri2.png

詳しい事情は全く明かされませんが、
ジョン・メイは妻も子供も身よりもない孤独な男性。
友達は死人だけ。
この事実だけ見たらすごく悲惨な人ですが

それをやったからといって給料が上がるわけでもない。
死者の相手なので誰かから感謝の言葉を聞けるわけでもない。
そんな中、一切手をぬかず真心をこめて葬儀を執り行い続ける
ジョンの姿に心打たれました。

誰にも見られない、評価されない人生だけど
彼は彼の人生の中で自分の意思で誰かのためにやったことが
確かにあったのですからそれでいいんじゃないでしょうか。

ひとつ残念に感じたのが、最後に主人公のお墓に死者が集まってくる描写。
あれはいらないと思う。
「身寄りのないジョンの死を悲しむ人は誰もいないけれど、
今まで心をこめて見送ってきた死者たちが彼に感謝しているよ・・・」
っていう陳腐なメッセージに落ち着いてしまいました。

お墓を映してくれればそこは観る側が勝手に考えるからそっとしといてほしかった。

omiokuri5.jpg

ちなみにダウントン・アビーのアンナちゃん役の人も出てるよ~

セッション

どうも、毎回お久しぶりです。

第87回アカデミー賞助演男優賞・録音賞・編集賞を受賞し
話題となった映画、「セッション」を観ました。

セッション1

前評判として
「素晴らしい」「鬼気迫る」「すごい」「グロイ」
と聞いておりグロイってなんやねん!と思いながら見に行きました。

<あらすじ>
主人公アンドリューは全米最高峰の音楽学校でドラムを専攻する学生。
ある日練習中に校内で名高いフレッチャー教授の目にとまり、
教授率いる校内最強ジャズバンドのメンバーになれたのでした。

セッション11

セッションバンド

はじめは喜ぶ主人公でしたが、
この教授がスパルタ追い詰め型教育を得意とするやつなのでした・・・。

セッションシモンズ怒
助演男優賞を受賞したシモンズさん。↑演技うますぎ

「ちょっと遅い」だの「今度は速い」だの凡人の耳にはもちろん、
プロを目指す主人公達ですら分からない誤差のテンポのズレに、
烈火のごとく怒り椅子を投げたりビンタしたりしてくる理不尽なハゲおじさん。

セッションシモンズ怒2

私のようなゆとり型凡人であれば「うるせーこのクレイジー海坊主がッ!PTAに訴えるぞ!」と
即刻逃亡すること間違いなしですが

セッション偉大

偉大なドラマーになりたいという夢を抱くアンドリューは、
認められたい一心で文字通り血のにじむ努力を重ねるのでした。

血セッション
(なるほどグロイって言ってたのはこれか。こんな手で練習続けてもちゃんとたたけないのでは・・・)
ネット情報ですがこの血は実際にアンドリューを演じたマイルズ・テイラーのものなんだとか・・・?!

ガールフレンドも「練習の時間が取れない」と切り捨て、
狂気すれすれの練習を重ね必死に喰らいつくアンドリュー。

セッション目

その甲斐もあってドラムは上達していくのですが・・・。
このおじさんの鬼畜っぷりをナメてはいけません。

*****************************************

<感想>ネタバレ注意!!!

総じて、素晴らしかったです。★5つ!!

批判的な意見もあるようで、
・音楽の厳しい面ばかりが誇張され楽しさが全く表現されていない。
・練習すればいいってもんじゃない。音楽の練習への誤解を与える。
などなど確かにな~と思わんこともないのですが

個人的には最後の演奏シーンでしびれて感動してしまい、
多少引っかかるところがあるにせよ
この映画が素晴らしいことに変わりはないし

ひとつの映画でたくさんの側面を描こうとすると
結局メッセージがぼやけて弱くなってしまうこともある。
「完璧な音楽」を求める厳しさにひたすら焦点をあてて描き切ることで
すごく強い力をこの映画は持ったんじゃないかと私は思います。

カメラワークや演出も初監督で慣れてませんって感じを全然感じさせなくて効果的だった。
演奏シーンがすごくかっこよく見えた。
主人公役のテイラーさん普通にドラム激ウマなんですが一体どうした。
(10年くらい実際にドラム叩いてたそうです)

血のにじむような努力を踏みにじられた怒りや悔しさ、
自分のことを認めさせたい意地や
俺はやってやるんだ!っていうプライドがごちゃまぜになって爆発した
最後の演奏は、圧巻でした。

人間性は求めない、ただひたすら「音」を求めることで繋がる殺伐とした師弟愛。
精神病むだろうから自分は絶対嫌ですが
傍から見る分には非常にかっこよいです。

かっこよすぎたのでサントラ買いますわ。

私が、生きる肌

私が、生きる肌 [DVD]私が、生きる肌 [DVD]
(2012/11/07)
アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ 他

商品詳細を見る


スペイン映画「私が、生きる肌」

部屋に軟禁される全身タイツに身を包む美しい女性と、
その女性をカメラで監視する男性。


なんとも怪しい。謎の設定からスタートする本作

男性は皮膚を専門とする医者で
どうやら自分の奥さんを全身火傷で亡くしてしまった。
そして今部屋に軟禁されている女性はその奥さんそっくりな顔。
使用人の「だから奥さんの顔にそっくりにするのはやめろと言ったのに」というセリフ。

物語序盤に分かるのはこれくらいの情報なのですが
「え?なんでこんな状況になってんの?
あの奥さんの顔をした女性は何者?どういう関係?」という謎がだんだん解明されていきます。

言ってしまうと面白くないので言いませんが
とりあえず展開がかなり変態(andショッキング)です
面白さを感じられるか
ただただ不快な気持ちになるかはあなたの嗜好によります

興味が湧いた方は一度見てみるといいかもしれません

以下ネタバレでちょっと思ったこと↓(反転)
あれだけ二重三重に外に出られないよう細工していた医者が
結局あっさり演技にだまされてハニートラップに引っかかるとは…
やっぱり最愛の奥さんの顔にしたのが運のツキだったのか。
あと医者を殺した後、自分のもとの家に帰るシーンだけどなくてもいい気がする
個人的に最後は殺して出て行くところまでで終わってくれた方が想像がふくらむというか…
とりあえず…望まない性転換つらすぎwあの男の人運悪すぎw
同意の上で一応やったつもりだろうに、あそこまでされるのはいくらなんでも気の毒。

崖っぷちの男

崖っぷちの男 [DVD]崖っぷちの男 [DVD]
(2013/01/23)
サム・ワーシントン、エリザベス・バンクス 他

商品詳細を見る


「崖っぷちの男」
一体何を持ってがけっぷちなのか?
が気になって借りて見た。

ホテルの30階の窓の外の縁に立ち、自殺をほのめかす男。まさに崖っぷち。
ここから物語スタート。
騒がしく集まってくる野次馬たち。
男は以前窃盗の罪を着せられ投獄されていたらしい。
なるほど、冤罪で名誉を失った男の人生も崖っぷちということか。

男の要望で名のある自殺者専門?の女性交渉人(カウンセラー?)が呼ばれる。
女性交渉人が男と会話し、自殺を引きとめようとする展開。
あーなるほど、自殺交渉人と男の気持ちが通い合うヒューマンドラマなのかな?
と思ってたら、

実はこの自殺騒動の裏では、もうひとつ別の事件も動きだしていた!
ふたつの事件が同時進行で描かれていくお話でした。
こういう「持ってる玉は一個だけじゃねーぜ」的な映画好きです!楽しい。

ものすごく意外性があったりするわけではないですが、
テンポもよく、ほどよくドキドキでき、結構面白かったです。
早くDVD返したかったからおもんなかったらすぐ消して返しに行こうかと思ったんですが見てしまいました。

「もう俺の人生は終わりだ。死ぬしかない・・・」と思ってるようにみえた主人公が、
実は自分の無実を証明するためにめっちゃあがこうとしてるっていうその諦めの悪い姿にグっときた。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。