スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・ブルー

グラン・ブルー (グレート・ブルー完全版) [DVD]グラン・ブルー (グレート・ブルー完全版) [DVD]
(2001/07/18)
ジャン=マルク・バール、ジャン・レノ 他

商品詳細を見る


友人が薦めてくれたので見ました。★★★★☆

完全版ってあるあたりすごく長いんだろうなーと思ったら本当に長かった。
2時間半くらい。

いかにも長そうだったので、
はじめはなんとなく適当に流して見ていたのですが、
気が付いたら入り込んで見てしまいました。

簡単に言うと、ダイビング、というより海に魅せられた男たちの話。
イルカのように海に潜っていられる素潜り名人の男性と、
「海と私とどっちが大事なのよ!」と終始いらだっている女性の話。

って書くと情趣がありませんが、

「すごく長いけど、それが無駄に感じない」、
単調に見えるけど、全部見終わったあと1つの大きな、
美しいものを見せられた気分になれる映画だった。

私はシュノーケリングをやったことがあるくらいで
ダイビングはしたことがないのですが、
さぞかし気持ちいいんだろうな~海の中、
ダイビングやってみてーなーと思わせられました。

以下ネタバレなので反転。


友人がまさかのラストだったと言っていたので
なんとなく最後に女性が男を海に送りだしたあとは死ぬんだろうなと思ってたけど
本当に死んだ。
(・・・かどうかは解釈によると思いますが、私は最後に出てきたイルカは
死んだジャン・レノの象徴で共に海に沈んだのかなと思いました)
いやいや、妊娠させてあんだけ泣きついてくる女を捨ててさ~
どんだけ勝手なんだよ!!
と女心には思ってしまいますが・・・
そういうなんでだよ!って思う切ない気分まで素敵に心に残る映画。
男の人が本当に海に対してピュアだったから、
そしてイルカがマジで可愛かったからこういう気持ちで見終われたんだと思う。
女性との絡みはあんまりメインじゃないというか、
海の魔力を描くために女性に登場してもらったって感じがしたなぁ。
ヒロインなのに、蚊帳の外。

スポンサーサイト

マイ・ボディガード

映画「マイ・ボディガード」を見ました。★★★☆☆

マイ・ボディガード 通常版 [DVD]マイ・ボディガード 通常版 [DVD]
(2005/06/29)
デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング 他

商品詳細を見る


誘拐が日常茶飯事のメキシコ。そこで暮らすお金持ちにボディガードとして雇われた主人公クリーシー。
初めはただの仕事のつもりだったが、護衛するピタと段々と心を通わせるようになる。
しかし、ある日ピアノのレッスンの帰りに襲撃され、ピタは誘拐されてしまう・・・。

っていうストーリーなんですが、
ちょっと予想と違った話でした。
なんとなくレオン+ターミネーターみたいな話を想像していたんですが・・・
大切な人を殺された男の復讐劇となろうとは思いもよりませんでした。

無駄に長い感じがするのと
「あの子のおかげでもう一度生まれることができた」みたいなセリフが
あんまり心に響いてこなくて、
子どもとの触れ合いの描写がちょっと不足してたかなぁと思った。
情け容赦なくバンバン復讐するところはよかった。

邦題は「マイ・ボディガード」だけど
もともとは「燃える男(MAN ON FIRE)」らしい。
原題の方が合ってると思う。

面白かったけど、途中眠くなったので☆みっつです。

アマゾンを張り付けてみましたが・・・
最近のブログは手軽にいろんなことができていいですね。

ていうかこのブログ、映画の感想だけ書くなら
アマゾンの感想の欄に書きつければいいだけじゃねぇかと思った。
もう遅い。

LEON

ナタリー・ポートマンの子役時代の映画、「レオン」を見ました。

ナタリー・ポートマン演じるマチルダという少女が、
マフィアに家族を殺され、その仇を取るため
ジャン・レノ演じる殺し屋レオンと行動をともにすることに・・・
という話。

ナタリー・ポートマンがかわいすぎる・・・!!
髪型も服も何もかもかわいい。演技も超うまい。
不器用なレオンとおしゃまなマチルダの組み合わせが本当に素敵でした。

途中でレオンが映画館に行って映画を楽しむシーンがあるんですが、
こういう殺し屋の描き方って珍しい気がする。映画で寂しさをまぎらわす殺し屋っていう。
血も涙もないみたいなプロフェッショナルな殺し屋の映画ばかり見てきたせいかな?
こういう人間味が残ってる殺し屋の方がむしろリアルに感じました。

ラストも素晴らしかったです。
意見は分かれるかもしれませんが他のラストは考えにくい気がします。
おさまるところにおさまった!ってかんじ。
スティングの主題歌もいいタイミングで流れてくる。

名探偵コナン 11人目のストライカー

友人に誘われて、名探偵コナンの最新劇場版を見てまいりました。

コナンの映画、ひっっさしぶりに見たのですが、
いやー面白かったです。こんなに面白いものだとは知りませんでした。

小さい頃はそこまで疑問に思ってなかったけど
警察と小五郎の無能っぷりが常軌を逸している。
小学生からヒントをもらってばかりのメグレさん。
誰でも分かる推理しかしない白鳥さん。
思いつきの推理を信じ込み、推理の穴を指摘されても「気のせいだ!」「行けばわかる!」を連呼する小五郎さん。
コナンのトンデモ道具の使いっぷりもハイパーすぎて面白かった。
つっこみどころ満載すぎて劇場で何度か爆笑しそうになりました。

でもコナンのすごいところは
そういうスレた楽しみ方だけじゃなくて
最後まで飽きさせない展開を用意してくれている。
真犯人に辿りつくまでにひと山ふた山準備されてます。
サスペンスあり、人情あり、コメディ要素ありの
最高のエンターテイメント映画でした。

あと今回はサッカー場が舞台ということで、
実在するサッカー選手が何人か本人役で出てます。
正直トトロのお父さんもびっくりの大根ぶりでしたが
本業ではないので致し方ない。
三浦さんが一番上手かった。

いや今日も楽しかった。
おやすみなさい。

武闘派シャーロック・ホームズ

ブログをはじめてみました。
映画の感想やらなんやら書いて行きたいと思ってます^^


さっそくですが、今日は「シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム」を見に行ってきました!
以下ネタバレ含みますのでまだ見ていない方はブラウザでお帰りください。

この「シャーロックホームズシャドウゲーム」は
数年前にあった映画「シャーロック・ホームズ」の続編。

私は前作も見たのですが、
初めて見たときは
「面白かったけど、原作の推理小説のホームズが好きな人は憤慨するんじゃないか?」と思いました。

なんせこのシリーズ、シャーロック・ホームズという名前を冠しておきながら
推理物というよりは最早アクション映画

予告を見た段階でまぁ分かっていたことですが、(一応頭も使ってますが)
体を張って事件を解決する、武闘派ホームズの映画です。

かくいう私自身は原作も読んでおらず、なんの拘りもないので、
このキャッチーなホームズにメロメロ。
ワトソン演じるジュード・ロウ、かっこよすぎ。

ワクワクしながら今回、2を見に行って来たのでした。

で、2はどうだったかといいますと!

ワトソンとホームズのかけあいのコミカルさ
スローモーションを駆使した緩急あるド派手なアクションシーン
ミステリー感とコミカル感を上手くブレンドさせた、やたらと耳に残るBGM(誉めてます)。
テンポ感や雰囲気は1とほぼ同じで、「あー続編だな」って感じで好きでした。
面白かったです。

アクションは1よりド派手になっていたような気がします!
でも、必ずスローモーションでホームズに動きをイメージさせてから本番に入るという
この映画独特のアクションシーンがあるんですが、(見た人なら分かると思いますが、うまく説明できません;)
私はいつも本番は動きが早すぎて何やってるかさっぱり分かりません。笑

まぁでもいいんです。
おーうおー何してるか分からんけどなんかすげーかっけーホームズ
っていう頭の悪い楽しみ方でこの映画は構わないんだと勝手に思っています。

つっこみどころは満載。
主人公は絶対死なないの法則が半端なく働いています。
「おいっ、それでも死んでねーのかよ!そんなに元気なのかよ!」とつっこみ入れたくなります。
そんな最強の主人公なので、安心してアクションのアクロバティックな動きに見とれていられます。

この映画は、「誰が犯人だろう?犯行の手口は一体・・・?!」と犯人探しを楽しむのではなく、
(今回とかもう初めから犯人分かった状態で進んでいってるし)
「ホームズは今度はどんな仕掛けで生き残るんだ?!」と
主人公は死なないの法則がどんな理屈で維持されるのかを楽しむ映画のようです。

細かいことは気にしない、ただただイケメンなホームズ・ワトソンコンビを楽しむ映画。
私はとにかくこのテンポ感が大好きです。演出と音楽も最高!
続編また出たらいいなー。

結局あんまりネタバレしてなかった。終わり。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。