スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤目四十八瀧心中未遂

車谷長吉の小説。1998年直木賞受賞作。

車谷長吉は、朝日新聞の「悩みのるつぼ」でいつも一風変わった回答を寄せているので
(あのコーナーの回答者はどの人も変わった回答する気がするけど)
気になっていた。
特にある男性教師の「女子生徒に欲情してしまうのだがどうすればいいか」的な質問に対して
人生は破綻してからがはじまり。破綻して、
職業も名誉も家庭も失ったとき、はじめて人間とは何かということが見えるのです。
あなたは高校の教師だそうですが、好きになった女生徒と出来てしまえば、それでよいのです。
そうすると、はじめて人間の生とは何かということが見え、この世の本当の姿が見えるのです。」
というような回答をしていたのには衝撃を受け、いつかこの人の書いたものを読んでみたいと思っていた。

それでこの「赤目四十八瀧心中未遂」。

期待を裏切らない内容!
車谷長吉ってこういうこと書く人だろうなって想像してたものがそこに。

主人公生島は大学を出て会社勤めをしていたが、
「中流の生活」に嫌悪しながらもそれを欲してもいる自分の矛盾に耐えられず、退社。
金は2年半で底をつき、漂流者として流れるうち、
やくざ者達の暮らす街でモツや肉をさばいて串刺しにする仕事をすることになった・・・。

というあらすじ・・・でいいのだろうか。
もっと複雑なはずだが、私の文章力では表現不能。
あ、ここより以下↓ネタバレしてるんでお気を付けを。

生島は自ら世捨て人となり、
狭いアパートの一室で肉をさばいて串刺しにし続けるという「つまらない」仕事をしている。
自身を「無能」「突っ転ばし」「腰ぬけ」と称しそうした場所へ至るべくして至ったとするが、
世話人の老女や階下に住む女からは
「あなたはここで生きていける人じゃない」
「しょせんインテリのたわごと」
と言われてしまう。
関係を結んだ女と心中を企てるものの、最後は「あんたはあかん」「うち、あんたを殺すことできへん」
と道連れになることを拒絶され、女は独りで苦界へと戻っていく。

自ら「苦しみ」を選ぶ生島と、
生まれた時から「苦しみ」から逃れられない運命を持つ女。
いくら苦しい生活を経験しようが、所詮は自分で選んだ道。
「物のはずみ」で選ばざるを得なかったとしても、生島には選択肢が与えられていたはずなのです。
選びようもなく苦しみを背負わされる女の人生の理不尽さと生島のそれは本質的に差がある。

やっぱり、苦しもうとして苦しんだところで、
苦しみたくなくてもそれを背負わざるを得ない、不可避の人から発される「言葉」の重みにはかないません。
所詮生島の苦行はポーズでしかない。
それでも心中未遂の道中、女と心を通わせ合ったことは真実。
死ぬのか、死なないのか、
(タイトル未遂なんで死なないのは分かってたけど、どんな形で未遂となるのか)
最後に女がどういう決断をするのか、どきどきしながら読んだ。
本当に堕ちている者と堕ちようとする者のギリギリの違いが
最終的に彼女にギリギリの決断をさせたのだと思うと・・・。
ラストもいい!

スポンサーサイト

ペネロピ

東京スカイツリーから見る景色が全然絶景に見えないのは私だけだろうか・・・
夜景は綺麗なのかもしれないが昼は建物の密集地帯が見えるだけじゃないか。

ペネロピを見ました。
ペネロピ [DVD]ペネロピ [DVD]
(2011/01/19)
クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ 他

商品詳細を見る


★★☆☆☆

名家の子息に裏切られ自殺した使用人の母が、その一族に呪いをかけた。
それは「この家に生まれた女性は豚の鼻を持って生まれてくる」というもの。
その呪いをとくには同じ名家の男性がありのままの自分を愛さなければならない。
豚の鼻をもって生まれたペネロピは、名家の男性とのお見合いを続けるが、
皆豚の鼻を見ると逃げ出してしまうのであった。

「ありのままの自分を、自分自身が愛せるようになれば、どんな人も輝ける」

というメッセージを送るこの映画。

メッセージ性が先行して展開がザツな印象。
半分コメディなので突っ込みどころがあるのは当然かもしれないけどコメディとしても中途半端だし。
なんだかんだ鼻以外美人なので一目散に逃げ出す男たちの描写に違和感が拭えません。
途中から見るのがめんどくさくなっちゃいました・・・。

豚鼻に生まれながら卑屈にならずに堂々と外に出ようとする主人公には好感が持てます。
あと、ペネロピの衣裳がめっちゃ可愛い。

Sex and the City2

金曜ロードショーでセックスアンドザシティ2をやってました。★★★☆☆

1は普通にDVDで見たんですが2はまだ見てなかったので丁度良かった。

セレブなアラフォー(アラフィフ?)たち4人が
自由で、刺激的で、ときめく人生を満喫しちゃうわよ!!
っていう映画ですが

人生を謳歌するバイタリティに溢れた4人は見ていて楽しいのですが、
生活レベルが違いすぎて全然感情移入できない。笑

3000円のカバンでも買うかどうか思い悩む自分としては
ヴェルサーチがどうのこうのとか毎回着てるものが違うとか
おとぎ話の世界です。

恋愛においても、感情移入できない。

主人公、元彼とキスしたって旦那に報告の電話入れるのはどうかと。
「秘密は作りたくない」って言うけど、旦那を不安にさせるだけでは?
性に奔放なサマンサ(だっけ・・・52歳の人)は毎回自由すぎだと思うけど、
彼女の「ただのキスなんだから、黙っときなさい」という意見には賛成。
いちいち報告してどーすんだよって思います。
遥か遠く離れたアブダビでの事件なんだから、だまっといた方が・・・。
というか、その前に元彼と夕食二人きりで食べるなよ。

そして旦那が奇跡的にやさしすぎる。
元彼とキスしたっていう妻の報告に対し、
「これをつけておくように」と言って大きな宝石つきの指輪をプレゼント。
解決方法も超セレブ。
そんなやつおらんだろ。


・・・といろいろ文句言いましたが
この映画、現実離れした綺麗な50歳が出てこないところが好きです。
みんなちゃんと老化してる。(っていう言い方は失礼か・・・。)
二の腕はたるんでるし、しわもある。
でも自分のことが好きで、堂々としてるから、素敵に見えるってとこがいいです。

金曜ロードショーだから危ないシーンはカットされてる気がする。
それでもなかなかなところ放映してたけど。

つれづれ

平山夢明の「ミサイルマン」を読みました。

こちらも短編集なのですが、
その中の「ミサイルマン」だけ読んでギブアップ。
グロさに磨きがかかっていました。気持ち悪くなった。
不愉快になりながら読んでしまう不思議。
そのうち元気回復したらまた読むかも。

WEB雑誌の「Matogrosso」にある
久井諒子という人の漫画が好きです。
石黒正数の「外天楼」という漫画を以前読みましたがそれと似たようなジャンルだと感じました。
現実をシュールに切り取った感じ?

つれづれでした。

横メルカトル

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
(2009/01/08)
平山 夢明

商品詳細を見る


平山夢明の短編集。
薦められて読んでみました。

収録作品
「C10H14N2(ニコチン)と少年―乞食と老婆」
「Ωの聖餐」
「無垢の祈り」
「オペラントの肖像」
「卵男」
「すまじき熱帯」
「独白するユニバーサル横メルカトル」
「怪物のような顔の女と溶けた時計のような頭の男」

いやーグロテスク。
ミステリー調の「オペラントの肖像」「卵男」「横メルカトル」は楽しめましたが
「すまじき熱帯」と「怪物~」はちょっとキツかったです。
怖すぎて「しろくまカフェ」見て口直ししました。あ~平和や・・・パンダくんかわいい。

最近このブログ入るときめっちゃ重たいんですけど、
もしかしてアマゾンの画像貼りつけるとめっちゃ重たくなっちゃうんですかね?!
う~んなぜだ・・・

アルゼンチン映画ルイーサ

ルイーサ [DVD]ルイーサ [DVD]
(2011/12/23)
レオノール・マンソ、ジャン・ピエール・レゲラス 他

商品詳細を見る


アルゼンチン映画「ルイーサ」。★★★★★

ビデオ屋の最新作の棚の下段の方に、
一本だけぽつんとあったのが気になった。
一本しか置いてない映画も案外おもしろかったり味わい深かったりするという
自分の中の法則に従い、借りて見たのでした。

以下ネタバレありますので注意

★簡単なあらすじ
60歳のルイーサは、愛する猫ティノと二人暮らし。葬儀屋と有名女優(タレント?)のハウスキーパーを
かけもちしながら、質素に暮らしていた。
しかしある日、ティノが死んでしまい、さらに悪いことには仕事をふたつとも突然解雇されてしまう。
退職金ももらえなかったルイーサは60歳にして一文なしになり、猫の埋葬費用も払えない。
地下鉄の駅で物乞いをしてを稼ごうとするが・・・

こういう、大してなんの取り柄もない人間の、特に最後問題が解決するわけでもなく
現実に悪戦苦闘する映画、好きです。
DVDのあおり文には「どん底に落ちた女性の再生の物語」みたいなことが書いてありましたが
再生っていうほど再生してないと思う。

60手前で職を失う、孤独な老人ルイーサ。
お先真っ暗すぎて、ここからどうやって再生するんだ?と思って見ていましたが

物乞いの友人ができ、マンションの管理人の協力のおかげで最後は猫の埋葬ができ、
ようやく涙し悲しみを洗い流すことができたルイーサ。
最後は駅構内のストリート音楽隊の音楽に合わせて上機嫌にステップを踏む。
でも職は見つからず現実的な生活の問題は何も解決せずに、
「うわー、どうすんのこの人これから」という気持ちと共にエンディングへ。
理解者ができたことは救いなのかもしれませんが、それでも不安は残ったままです。

この最後からポジティブな感じを受けるかネガティブな感じを受けるかは見る人次第なのかなぁ。
私はどうにもならない現実を、諦めとユーモアで生き抜こうとする明るい悲愴感のようなものを感じて、
あまりポジティブな気持ちにはなれませんでした。
でもその明るい悲愴感がよかったです。
笑えないんですけど、主人公のドタバタぶりについ笑ってしまう。
軽快なアコースティックギターのBGMがたびたび流れるのですが、それがまたGOOD!
主人公の役者さんの表情も絶妙でした。

それにしても映画中の駅の物乞いの多さといったら・・・
職を失っても、電車で物乞いをするという選択肢は日本では取れない気がする。
日本はなんだかんだ日雇いもやってない完全な失業者って少ないのかなと思いました。
が、そういう世界が見えない社会になっているだけかもしれないですね。


スプラッタ系かと思ったらちゃんとしたサスペンスだった

ソウ [Blu-ray]ソウ [Blu-ray]
(2009/03/19)
ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローヴァー 他

商品詳細を見る

★★★☆☆


ビデオ屋の棚にやたらと並べられているけど
見るからに怖そうだったので見れなかった映画・・・「SAW」。

私と同じく一人で見る勇気がない人がいたので一緒に見てみました。

DVD後ろの画像とか見た感じ
ストーリーとか関係なく、とにかくただ無残に殺したいだけでしょ、あんたw
みたいな映画だと思ってたんです。

途中まで「なんか思ったより普通だな~」「つまんないー」とか言いながら見てたんです。

が。

予想外でした・・ちゃんとしたサスペンスでした・・・

あんまり書くとネタバレになりそうなので
とりあえずグロイのにある程度耐性がある方であれば
一回見てみることをオススメします

★がみっつなのは
単純に自分が、怖いもの見たさで怖いの見るけど、
怖いのが結局あんまり好きじゃないという強がりなチキン野郎だからです。
サスペンスとかサイコスリラー系が好きな方はもっと評価高いんじゃないでしょうか。

それにしてもいっつもこういうの見るとき、警察がアホだなーーーと思ってしまう
なんで二人だけで猟奇殺人犯を追い詰めにいくんだよと。応援呼んでからいけよと。
そういうの気にしちゃだめだとは思うんですが。




週4くらいで映画を見ているがそんなことをしている場合ではない・・・
現実逃避がやめられない・・・´Д`

テルマエ・ロマエ

てるまえ

濃ゆい人集合。
★★☆☆☆


映画「テルマエ・ロマエ」を見に行ってきました。
俳優人たちの顔の濃ゆさのおかげで、
イタリアの人たちと一緒にいてもあまり違和感ありませんでした笑

原作は確か4巻くらいまで出てますが
古代ローマの風呂技師のルシウスが、
現代日本にタイムトリップして日本の風呂文化に感嘆するコメディ漫画です。

ルシウス役の阿部寛の演技が面白かった。
ていうかいい体してますね。
阿部さんの鍛えられた肉体だけでも見に行った甲斐がありました。
真剣に風呂について考察入れる声の渋さ。
温泉卵を食べて「うまっ」っていうところは思わず笑いました。

でもなんていうんでしょう・・・
正直前半部だけでよかったです
原作のお風呂ネタが中心の前半~中盤は面白かったんですが
後半はローマの危機みたいな大げさな展開になってきて
上戸彩演じるオリジナルキャラと
心通わせるルシウスみたいな
おきまりのヒロイン展開に飽きてしまいました。

案内人役としてオリジナルキャラを利用するのはいいと思ったけど
男でいいと思う。歴史オタクの男子とか。
ルシウスは日本の風呂に感激
オタク男子は古代ローマ人に感激
みたいな設定とか。

本とか漫画を映画化する際、
分かりやすい恋愛モノとかに変換する傾向が気に食わない。
そしてくだらないところがいい漫画なのに大げさな話にするなよ~!!

三浦しをん「舟を編む」

舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る



「舟を編む」読みました。

あまり単行本で本を買うことはないのですが
話題になってるのとタイトルが気になったので
どんなもんかと購入してみました。

辞書を作る話ということで
堅そうなイメージがあったのですが、全くそんなことはなく、
恋愛要素や人間模様を交えて軽やかに書かれた作品でした。
読みやすかったです。

「舟を編む」というタイトルは、
言葉の海を航海するための舟である辞書を作るという意味。
自分の思っていることを言葉で表すのって
すごく難しくて、どの言葉が適しているのかを選ぶのは至難の業。
そういう頭の中でやっている言葉を選ぶ作業は、確かに航海と似ているかも。
辞書を舟にたとえたのは綺麗だと思います。

辞書ってそこにあるのが当たり前で
その裏にどんな努力があるかとか
普段意識しなかったので、辞書の企画から完成まで15年の月日がかかるとは驚きでした。
もっとかかる辞書もあるんでしょう。
これから辞書を使う際には、一瞬出版社の人に思いを馳せそうです。


本の中でも話題になってましたが
辞書の説明ってたまに面白いですよね。

【尻】
腰の後下部で、肉の豊かに出たところ。肛門のあるあたり。臀部(でんぶ)。おいど。いしき。けつ。
<広辞苑より抜粋>

その通りだけど、豊かに出た所ってなんだよ!!
と昔調べて盛り上がったのを思い出しました。

狂気の世界

ブラック・スワン [DVD]ブラック・スワン [DVD]
(2012/03/16)
ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル 他

商品詳細を見る


ブラック・スワン ★★★★☆

周囲から

・怖い!
・痛い痛い!
・ていうかホラー

などといった感想を聞き、前からずっと見たかったのですが
DVDレンタル料金がなかなか下がらないので我慢していました。

しかし、近所のケチDVD店のレンタル料金値下げを待っていたら
オリンピックが始まりそうなのでもう観念して借りて見ました。

見て見たところ、さかむけと鳥肌が痛すぎる映画でした。
ただ、あまりにも痛いとか怖いとか前評判を聞き過ぎて、
結構怖かったけど言うほどでは・・・という感じ。
ただ、見てて軽く気持ち悪くなる程度には、なかなか気が狂ってました。主人公の。

★簡単なあらすじ
 バレエ団で最も優秀生のニナ。「白鳥の湖」の主役に抜擢されるものの、
「黒鳥」を演じるためには感情を解放してもっと官能的になる必要があると指摘される。
完璧に白鳥と黒鳥を演じきるため、努力を続けるニナだが、
役を奪われる恐怖やプレッシャーにより、ニナは少しずつおかしくなっていく。
しかし、精神的に追い詰められるほど黒鳥の演技は深みを増していき・・・。

以下ネタバレ。

白鳥と黒鳥という二役を演じるためにニナの人格が崩壊していく様が映像を通して伝わってくる。
どこまでが妄想でどこからが現実なのか分からないような演出で、
ニナと一緒にこっちも変になりそうでした。
痛い演出も多くて、
個人的には、今までどんなに頑張ってもそこまで剥けたことはないと思うほど
ニナがさかむけを剥きちぎる場面と、背中に羽っぽいのが生えて引っこ抜く場面が
一番ゾワゾワしました。きもい。怖い。痛い。
友達と一緒に見ててよかった。一人で見たら鬱になる。

普通の企業であんなことやったらタダのセクハラだけど
芸術という目的のために、高名な演出家がやると「指南」になる。

ニナに一人エッチしろだの男を誘えだのさんざん下世話なアドバイスをする演出家トマさん。
官能と芸術って結びついてて、そういうのって必要なのかもしれないけど、
なんとなくトマから小者臭(俗っぽい感じ?)がするせいで、私の中で癪全としませんでした。
リリーが「あいつは最低な男よ。ベスだけじゃなくてあなたのこともそのうち「わが姫君」と呼ぶようになるわ」
って言ってた通り、最後ニナが白鳥を演じきって息耐えるシーンでは「わが姫君。」と口走るし。
それに対して「感じたわ…完璧だった」ともはや昇華してしまってるニナ。
なんとなくこの最後のシーンは、
結局トマはニナの思ってるような素晴らしい崇高な人物ではなくて
腹黒い女たらしの側面もあったんだけど、そんなことはニナにはもう関係なく、
ニナは役と同化して別次元(崇高な芸術の世界?)に旅立っていった。
って感じなのかなぁと思いましたが、どうなんでしょう。

主人公が狂って行く様を見事に描いてる作品でした。
「芸術」と「狂気」は紙一重なんだなぁ。

素晴らしかったんだけど、
ストーリーが好きになれず4つ。

ひとつだけ気になるのが
ベスは結局ニナが殺しちゃったのかなー??
それとも自殺?ていうかあの部分は妄想じゃなく現実だよね?
誰か教えてください・・・


プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。