スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユージュアル・サスペクツ

ユージュアル・サスペクツ [DVD]ユージュアル・サスペクツ [DVD]
(1999/03/05)
スティーブン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン 他

商品詳細を見る


★あらすじ(wikiより)
カリフォルニア州のある港で大規模な殺人事件が起こる。捜査官クイヤンは、事件で唯一生き残った男、ヴァーバル・キントを呼び出す。ヴァーバルはその殺人事件が起こるまでの過程、起こった様子を詳細に語る。そして、ヴァーバルは事件の元凶であり実行者である、顔も声も知らずただ伝説的な噂のみが独り歩きする謎のギャング「カイザー・ソゼ」の名前を口にする。はたして、カイザー・ソゼとは何者なのか?事件の全容とは一体何なのか?

事件の黒幕は一体誰だ!というタイプのサスペンス映画ですね。
大どんでん返しコーナーに置いてあったので、
「ハイテンション」を見たときと同じく
ハードルを高めに設定しすぎて落胆するパターンかも・・・と若干の不安を抱えつつ鑑賞。

あいつかな~
いや、あいつかもな~
いやいや、もしかすっとこいつかも・・・
と結局頭の中で挙げた人物の中に黒幕はいましたが、
あやしげな人物が何人もいて、最後まで特定はできなかったので
十分どんでん返し感を楽しめました。
なんというか、描き方・進め方が上手い。

あんまり詳しく書いてしまうと
これから見る人が面白くなくなってしまうので
このへんにしておきます。

今まで見たサスペンス映画の中では
かなり好きな方。
スポンサーサイト

アベンジャーズ

先日、現在公開中の映画アベンジャーズを観てきました。

「日本よ、これが映画だ。」

といううまいんだかなんだかよく分からない
ビッグマウスなコピーを掲げていたので
相当期待感を大にして観に行ってきたんですが、
その期待感に十分に見合う内容でした!
個人的にはキャッチコピーをちょっといじって
「これが、アクション映画だ」としたいところです。

前半ヒーローたちが結束するまでが長くてちょっとだるくて寝ちゃいました・・・
これはたぶん、登場するヒーローの元ネタを
ひとつも知らずに観に行ったせいだと思います。
ネタを知っていれば会話の内容などにニヤニヤできたと思うんですが、
何のことしゃべってるのか分からないヨ・・・ってなってました。

まだ見てない方は、元ネタ映画を予習してから行った方が絶対面白いですよ!

後半はド迫力のアクションで最強の戦士たちが大活躍!ひゃっほう!
なんかハリー・ポッターの映画最終巻でマクゴナガル先生が
使っちゃいけない魔法を解禁してフィーバーしてたシーンを思い出しました。
ありえない力を大集結させたらどうなるか、どこまでもやってみました★的な。
細かいことは気にせず、最強の雰囲気を楽しむのです。

ちなみに、エンドロール後もおまけがついてるので、
最後まで映画館にいた方がいいですよ♪


レスラー

レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
(2010/01/15)
ミッキー・ローク、マリサ・トメイ 他

商品詳細を見る


これは・・・かなりグっときてしまった。

落ちぶれたレスラーが、復活をかけて・・・みたいな
結構派手で快活な話だと予想していたんですが、
それとはちょっと違いました。

ざっくり言えば、
「その昔絶大な人気を誇った「ラム」の愛称で知られるレスラー、ランディ。
まだ現役レスラーとして細々と活躍しているものの、
プロレスの過激な技の掛け合いによってランディの身体にはガタがきていた。
しかし、レスリング以外に生きる理由を何も持たない彼は、痛む身体をおして闘うのだった・・・」
という話でした。

特に派手な展開などはないんですが
ひとつひとつのエピソードが心に沁み入ってきます。
絶妙なあったかさと切なさがあります。

最後の終わり方がまたよかったです。

いや~アツかった。

デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー [DVD]デイ・アフター・トゥモロー [DVD]
(2010/06/25)
デニス・クエイド、ジェイク・ギレンホール 他

商品詳細を見る


デイ・アフター・トゥモロー。2004年公開。

環境の大異変・氷河期が訪れたとき世界はどうなるか・・・
という環境問題提起作品。

こういう映画って危機感が感じられないとだめだなあ、と個人的に思うので
あんまり好きじゃない感じでしたー

・気象学者の男性とその息子の周りだけは、トントン拍子に助かる。
・NYが水没したり、びっくりするほど人が死んでるはずなのに危機感とか悲愴感が全然伝わってこない。
・人間が一瞬にして凍ってしまうほどの気温低下についても
 部屋に入ってドア閉めて暖炉たいとけばオッケーっていうルールも驚きw
・主人公が恋敵の男ともっとモメたりドロドロしたりするのかと
 思いきや、何事もなく気が付いたら主人公と女がくっついている。
・最後、あまりの収拾の速さにまったくついていけず。は、ハッピーエンド・・・?!

人類の存亡の危機レベルのことが起きているのに、
それが感じられなかったです。
あんまり細かいこと気にしないでこういうの撮ってみたかったんです、という感じの映画。

そんな彼なら捨てちゃえば?

そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]そんな彼なら捨てちゃえば? [DVD]
(2010/07/14)
ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン 他

商品詳細を見る


「そんな彼なら捨てちゃえば?」

昨日すごく重たい映画を見たので、パーっと気持ちを明るくしたくて
ラブコメディをチョイス。

さらっとネタバレしてるんで、気を付けてくださいね

タイトルから、中身のなさそーな映画だなーと思っていたら、(失礼)
あれ?案外おもしろい!!

いつも男性の言動を都合よく解釈してしまうジジ
7年も同棲してるけど結婚してくれない彼に業を煮やすベス
結婚相手が浮気していると感づいているジャニーン
既婚相手を好きになってしまったアンナ
メアリーはあまり印象に残っていない・・・が

それぞれの恋愛模様が違ってて、
男性も女性もお互いの腹のさぐりあいがうまくいかない男女の妙が楽しい。

この映画のいいところは、最後にみんながみんな上手くいくわけじゃないところだと思う。
恋人と結ばれる人もいればそうでない人もいる、
そしてそうでない人も前向きに人生を歩んでいく。
ほどよく幸せな気分になれる素敵な映画だと思います。

私は女なのでやはり女性陣に肩入れして見てしまうんですが・・・
最後に愛人と妻どっちからも見捨てられた男ざまあーーー!!!
傷つけまいと優しい嘘をついているように見せかけてそれぞれのいいとこどりしたいだけだろと。
そんなにおいしい話はありません!!
最後の最後に見切りをつけて出て行ったジャニーンにはすっきりしました。

ラブコメディは斜に構えて見ることが多いんですけど笑
これは素直に楽しめました。

恋愛がうまくいってる人もいってない人も楽しめる一本だと思いますよ!

男性がこれを見てどう思うかちょっと気になるところ。
女性が楽しい恋愛映画って男性からみるとちょっとってことあるじゃないですか。

奇跡の海

奇跡の海 [DVD]奇跡の海 [DVD]
(2002/03/01)
エミリー・ワトソン、ステラン・スカルスゲールド 他

商品詳細を見る


かの鬱映画「ダンサーインザダーク」を撮った
ラース・フォン・トリアー監督の映画「奇跡の海」を見ました。

ダンサーインザダークほど破壊力はないものの、
同じようなテーマ(自己犠牲・無垢の魂)で、
同じようにこの監督独特の鬱屈とした雰囲気を持っている作品。
宗教色も非常に強いです。
そして長いです。3時間くらいかな。

事故で全身麻痺になった夫から
「別の男と関係を持て。そしてそれを俺に報告しろ。
そうすれば俺はお前と愛し合ったことを思い出して生きる希望を持ち続けることができる。」
と言われて、本当にそれを実行して夫を必死に助けようとする妻を描いた話。
ごめん、誰にも全然感情移入できない・・・^^

ダンサーインザダークと同じく、精神が非常に不安定な女性が主人公。
この監督は、現実での苦しみが許容量オーバーになって
妄想の世界に逃げ込まざるを得なくなっている精神的に危うい人間の、
微妙な雰囲気を表現するのがすごく上手い。(監督っていうか、役者?)
んでまた、そんな危うい主人公がただの狂った人ではなく
むしろ真理に近い存在として感じられるように描いてある。
この監督のすごいところだと思う。

正直主人公にはかなりイライラさせられるし、
頭の片隅であほかーーーーー!なんでやねーーーん!と思いながら見てる。
でも、なんかこう否定しきれない何かがねっとり残る映画。

途中からみんなが泣きわめきだす展開とか
下手したらかなり興ざめ展開のはずなんだけど
ギリギリのところでそうならない。
ダンサーインザダークもそうだったけど
奇妙な世界観に呑まれてしまう。
役者の演技力のおかげかなあ。

ただ最後はちょっと意外というか・・・
ダンサーインザダークほど思いきってはいなかった。
この監督も結構素直なところあったんだ!って感じ。

まあ・・・面白い映画ではなかったです笑
印象に残る。

ダークナイトライジング ヘルタースケルター

ダークナイトライジングと
ヘルタースケルターを見て来ました。

ダークナイトライジングは、
キャットウーマンのアンハサウェイがキュートでよかった!
もう完結編ということでボリュームもすごくてアクションも派手。
相変わらずバットマンバイクがかっこよくて満足でした。
が、ジョーカーを超える悪役を描くのはなかなか難しいなあ、という印象でした。
ふろしきを広げて終われる2と完結させなきゃいけない3ではハードルの高さが違いますが、
2の方が個人的には面白かったです。
でも十分満足!

ヘルタースケルターは、
沢尻エリカの演技には気迫があって、
ちゃんと脱いで濡れ場もやっててすごいなあと思いました。
ちょっとわざとらしくはあったけど、この役には合ってた。
でも演出や構成がよくないと思う。
全体的にくどくて冗長な感じ。
冗長なのにストーリーは断片をつなぎ合わせたような感じで話を追いづらい。
蜷川さん特有の極彩色も、ここまで必要か?と思ってしまった。
蜷川ワールドを好きになれるか否かの問題なのかもしれない。
沢尻エリカがこんだけ頑張ったのに、なんだかもったいない…。

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪を見て来ました!

あんなキラキラしてそうな映画絶対泣かないだろうと思っていたら
久しぶりに映画見て泣いてしまった。

すがすがしい音楽に乗せた映像美に感動しました。
セリフが少なくて映像の流れで進める感じがよかったです。

アニメ見たなぁって気分になりました!

子どももたくさん映画館に見に来ていましたが楽しそうでした。
どの世代の人も楽しめる映画だと思います。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。