スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイガー&バニー

たいがーあんどばにー

TIGER&BUNNYの劇場版を見て来ました!

ヒーローアクション物で、どうやら巷では腐ったご婦人の間で大人気だそうです。
私は全くアニメも何も見ずに事前情報なしで行きましたけど、普通におもしろかったです。
(友人によるとアニメのダイジェストかと思いきや劇場版オリジナルストーリーだったそうです。)
なんかヒーローがたくさん出てきてケンカするところがアベンジャーズ的というか、
アメコミっぽくてこういうノリ好きだ。

どんな話か軽く説明しますと、
ネクストと呼ばれる特殊能力を持った人間がヒーローとして活躍するという設定。
で、彼らの活躍を生放送する番組があって、
ヒーロー達は自分のスポンサーからバックアップしてもらうという仕組み。
主人公の虎徹(画像の帽子かぶった黒髪)はベテランのヒーロー。最近いまいち活躍できてない。
落ち目のヒーローである主人公はある日金髪くんとコンビを組まされて補佐役を任される。
しかし、二人はケンカばかりで上手くいかず・・・みたいな話です。

ストーリーは至って普通というか王道なんですが、
それぞれのキャラをまんべんなく立たせていたし、
メカ系の作画がとてもよかったです。
バイクとかヒーロースーツとか。

アニメならではの迫力をたのしめましたー!



今月公開のアニメ映画はめっちゃ充実してますね。
009楽しみだー!
大きく出過ぎてこけそうな香りもしてますが、
万一脚本が残念なことになってしまった場合、
アニメの作画のよさだけでも見に行く価値があると思う。笑
スポンサーサイト

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]
(2010/06/04)
ノオミ・ラバス、マイケル・ニクヴィスト 他

商品詳細を見る


以前紹介した「ドラゴン・タトゥーの女」のスウェーデンオリジナル版を見ました。
ハリウッド版は2011年に公開ですが、こちらは2009年公開のものです。
基本的に両作で筋書きは変わっておりません。

※以下ネタバレあり

リスベット演じるノオミ・ラパスは、ハリウッド版リスベットのルーニー・マーラに比べて
線が太くゴツめな印象だったので、
なんとなくこっちのリスベットの方が怖いに違いないと思っていたのですが、
実際に見てみるとノオミ・ラパスのリスベットの方が人間味があってリアルな印象を受けました。
ハリウッド版ではほとんどリスベットの過去が描かれず、
謎の部分がまだまだ多いことが原因かもしれません。

スタイリッシュな映像や演出で、娯楽性が高いのはハリウッド版
骨太で説得力があるのはスウェーデン版
という感じでした。
それぞれに魅力がありますね。

ただマルティンの死に方はスウェーデン版の方がよかったと思います。
ハリウッド版みたいにあんなにあっさり死を選ぶやつではないと思うんだマルティンは。
スウェーデン版では、助けを求めるマルティンを、リスベットがあえて助けないのがいい。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。