スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤英明が無駄に裸。

見に行ってきました。

「悪の教典」

原作は読んでませんが、エピソードがはしょられていたり
登場人物が減っていたりしたみたいですね

まあなんせ二時間くらいの尺の中で
クラスの生徒全員を殺さないといけないので大変です。
最後の方は流れ作業のように散弾銃で生徒を殺してました。
絵面的にはそこまででもないのですが、
展開や主人公の人物造形が非人道的なのでR15+にするのも納得のグロさです。

伊藤英明はこういう役をするイメージはありませんでしたが、
けっこう似合ってた気がします
傍目には品行方正だけど頭のネジが飛んでる感じが出てました。

見るのは一回でいいかな~という感じ。
疲れました^^;
演出や雰囲気は印象に残りましたが、あんまり深みはない。
尺がなくてあらすじ追うだけで精一杯って感じだったのかな~?
スポンサーサイト

リンカーン/秘密の書

リンカーン

現在公開中のリンカーン/秘密の書を見て来ました。
南北戦争・奴隷解放宣言の裏には、実はリンカーンとヴァンパイアとの戦いがあったのです・・・
というお話。
一言で言うと・・・
超派手なバイオハザードです!

人民の、人民による、人民のための・・・っていうか
アクションの、アクションによる、アクションのための映画って感じでした。
まあ、私が史実に詳しくないせいでそう感じたのかもしれません。

カンフー映画のように,斧を振り回す練習をひたすらし続けるリンカーンの姿には
笑ってしまいましたが・・・
疾走する馬の大群の中心でバンパイアと戦うという謎の展開にも笑ってしまいましたが・・・
アクションものとしては楽しかったです。
展開がとにかく早い早い。

斧でバンパイアを豪快にぶったぎるところや
いつのまにコンビの技を練習したのか分からない二人が
超息の合ったプレイでバンパイアをぶったぎるところが
爽快でした。
派手にいこうぜぇ!という開き直った声が聞こえてくる感じがよい。

でもなかなかグロイのと、バンパイアが絵的に美しくないのとで、
あんまり誰かと一緒に観に行くのはお薦めできません。

メタ化しまくり

昔見た映画を見直してみた
アダプテーション [DVD]アダプテーション [DVD]
(2010/04/16)
スパイク・ジョーンズ、ニコラス・ケイジ 他

商品詳細を見る


「マルコヴィッチの穴」を書いた鬼才・チャーリーカウフマン脚本の映画です。
初めて観たときの衝撃が忘れられず、もう一度見てみました。
見直してみても、やっぱり変な映画でした(笑

★みどころは、ひとつは複雑な構造の物語を見事に映画として成立させた脚本。
この映画の原作は「蘭に魅せられた男」(スーザン・オーリアン)という本なのですが、
それが映画の中で「映画の原作」として登場します。
主人公はチャーリー・カウフマンという脚本家、つまり本人。
その脚本家が会社から原作として渡された「蘭に魅せられた男」をどう映画の脚本にしていくか、
苦悩の日を送る様が描かれます。
現実の自分自身をそのまま物語の題材として使っているわけです。
苦悩するカウフマンと原作者の姿が交互に描かれ、
そして最後はそれが交差して映画は一気にクライマックスへ。

物語が何重にも入れ子構造になっていて、
だんだんそれが分かってくるとおぉ~そういうことか!とアハ体験になる。
現実のカウフマンも脚本を考えていて、
その脚本は今見ているまさにこの映画であって、
そして映画の中のカウフマンもこの映画の脚本を考えていて・・・ややこしいのです。
でもおもしろい!
映画を好きになり始めた頃に見て、
「世の中にはこんな描き方をする映画があるのかー!」と感銘を受けた記憶があります。
クライマックスはかなりしっちゃかめっちゃかというか、まさかの方向に進むのですが、
それすらも物語の中でメタ化されているのが本当にすごい!

★もうひとつのみどころは、主人公のコミュ障っぷり。
本当にリアルなんです。笑
映画の撮影現場で、通りかかるスタッフに、
キョドりながら挨拶してるのかしてないのかはっきりしない挨拶をかましまくるところとか、
本当は行きたいのに言い訳がましい理屈を並べたてて勇気の出ない自分を正当化したりとか、
あれ、全部身に覚えがあるぞ^ω^;
という感じで大いに笑えました。そしてちょっといたたまれなくなります。笑
ニコラス・ケイジの間の取り方がすごく絶妙で、
全くコミュニケーション取れないわけじゃないんだけど
どこか気持ち悪い感じがよく出ていて素晴らしかったです。

★あとは、映画の中で引用される原作の文章がとてもいいです。
いくつかあったのですが、例えば
「何かに熱中するということは、自分の手に負えるサイズに世界を切り取ることだ」とか。
人生に示唆を与えてくれる言葉がさりげなく登場するんですよね。

いつも通りとりとめなくなりましたが、一見の価値アリです!アイデアがすごい。
好みがかなり分かれると思いますが、個人的には大好きです。
変わった映画が見たい人、叙述トリック好きな人はぜひ一度見てみてください。

009を見て思ったことを羅列してみる

サイボーグ009を見て思ったことを
ネタバレ全開で羅列してみる。

・攻殻機動隊と雰囲気が似ている。
 攻殻機動隊の劇場版を見たときも話についていけなかったが、
 攻殻機動隊は話がすごく練られているのがよく感じられてこっちの頭がついていかないんだなー
 って感じだったけど、この009Re:CYBORGは正直単なる説明不足というか、
 広げた風呂敷をすごくザツに回収したように感じてしまった。

・個人的に核爆発から主人公が加速装置で全力で逃げるところが興奮MAX
(このアニメーションはまじですごかった)で、
 そのあとは段々気分的にフェードアウトしていった。
 主人公が核爆弾を一人で止めに行こうとするときに
 「僕はこのために生かされていたんだ」とフランソワーズに語るところ、
 あそこがすごくいいシーンのはずなのだが、正直「えっ、そんなことのために生まれてきたんかい」
 と冷静に心の中でつっこみを入れる余裕ができてしまっていた・・・。
 多分核爆弾がラスボスっていう展開がありがちでがっかりしたからだと思う。

・ピュンマとかいう考古学者の能力って結局一回も出てきてないんじゃないのか・・・
 そしてハゲたクネクネしたおじちゃんも何のためにでてきたのか・・・
 彼等の扱いが適当すぎる。
 ピュンマさんは謎ときに深く関わっていくべきだったと思うのだが、
 その辺も含めラストで全く疑問が回収されない。

・ジェットの空中戦のBGMがかっこよすぎるぅうう

・主人公が最後核爆弾を止めるところで「彼」に向かって長いセリフを言うところ、
 「正直大事なことを全部セリフで表現できちゃう映画ってだめなんじゃないかなぁ、
 っていうかここちょっと笑ってしまうんですけど・・・」とかうっすら思ってたんですが
 宮野真守の熱演によってだんだん心を動かされていった。声優さんってすごいね。

・最後はポカーンエンドです。
 あそこどこやねん。結局どうなってん。「彼の声」ってなんやねん。
 上手く説明できないから哲学っぽさでふんわり終わらせたんじゃないのか。 
 それとも私の頭が悪いだけですか。
 納得いく解説してくれるサイトをこの先見つけたら(ちょっとまだ見つけてない)
 頭悪かったことを認めることにします。笑
 でもなんか、終盤の展開はザツだなって感じました。
 新しさもないし、雰囲気だけでまとめた感じが・・・。

加速装置最強すぎる。フランソワーズがえろすぎる。

現在公開中の009の劇場版をみにいきましたー!

009main2.jpg

素晴らしいアニメーション!満足です!

あらすじは、
ギルモア博士によって造られた9人のサイボーグ達が、
「彼の声」に従って人間を破滅へと導こうとする者たちから
世界を救おうとする、というもの。ざっくりですが。

「攻殻機動隊」を手掛けたプロダクションIGが作画なだけあって
ものすごーくアニメーションに気合いが入っています!
アニメの作画への気合いを感じ取るだけで感動します。
主人公の加速装置を表現するスローモーション、
空中戦での戦闘機の作画、
銃を連射する際に薬莢が飛び散る感じ、
超かっこよく仕上がっています。
激アツです。

ただ、全体的にトゥーンレンダリングっていうんですか?なんでしたっけ?
2Dなんだけど、ちょっと3Dっぽいアイツなんですよ。
もちろんすごくリアルでかっこいいんだけど、ちょっと表情とか動きとかが
ぎこちなくなってしまうところがあって、普通の2Dの方がいいかも、と思いました。
本当に素晴らしい作画ですが。

話については、うーん置いていかれたなあって感じがしました。
宗教や政治が絡んでいろんな組織同士の抗争が起こるのは好きなんですが、
哲学的すぎてちょっとついていけなかったなあ・・・。
ラストは結局どうなったのか、私にはよく分かりませんでした^^;
いろいろ解説サイトを覗いてみたいと思います。

あと・・・超人もので現実世界を舞台にした映画って
なんでいつも核爆弾が出てくるんでしょう。
威力がすごいのは分かりますが、ちょっと飽きました。
そして超人たちから見ても最終兵器な核爆弾が実際に存在してるっていう事実が
怖いんですけど、と思いました。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。