スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラフォーマーズ

テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)テラフォーマーズ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/04/19)
橘 賢一

商品詳細を見る


このマンガがすごい!に選ばれた漫画ですが、
発想が面白いです。
ありそうでなかった漫画!
今五巻までしか出てないけど、続きが超読みたい!おもしろい!


26世紀、世界人口爆発問題で、次の生活圏を求めて火星を地球の環境に近づけようと考えた人類。
火星の地中には大量の二酸化炭素が眠っており、
地表を温めることでCO2を溶かし出し温室効果で気温を上げればいいと科学者たちは考えた。
火星を温めるために考え出された手法は、
ある「苔」とそれを食べる「黒い生き物」を火星に大量に放ち、
地表を黒く染め上げることで太陽光を吸収し火星を温めようというもの。

この黒い生き物とは・・・
なんとなくみなさん想像ついてると思いますが、奴です!ゴキです!

ありそうでなかった発想じゃありません?
多くの生物が滅亡しても最後まで生き残るだろうと言われているゴキブリ、
そいつを利用するっていう。
環境問題と合わせて火星移住の話も現在既に出てますし。(実現可能かは別にして)
現在の社会問題を起点に想像を広げて行った感じで、とても面白かったです。

年月が経ち、大量のゴキが放たれた結果、地表の温度は随分安定してきた。
そしてそのゴキブリの駆除のために、訳ありの宇宙飛行士たちが火星に向かうのだが、
その先でゴキブリは思わぬ進化を遂げていた・・・。

結構怖い話ですが(人はどんどん死にます)、興味が湧いたらぜひ読んでみてください!
スポンサーサイト

オードリー若林の本

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)
(2013/05/17)
若林正恭

商品詳細を見る


オードリーって、数年前に流行った、今消え気味の芸人だよね?
そう思ったあなた。

この本はそのオードリーの片割れ、オードリー若林がつづったエッセイです。

もともとこの本を読んでみようと思ったのは、
「ダ・ヴィンチ」という本・漫画の紹介が主な雑誌で、たまたま若林の連載を読んだから。

ダ・ヴィンチ 2013年 06月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/07)
不明

商品詳細を見る


結構面白いこと言う人だなと思って印象に残ってて、本屋で
「社会人大学人見知り学部 卒業見込」が平積みされてるのを見ておお、これは買うしかないと。

で、実際読んでみてどうだったかというと、名言がいっぱいでした。面白かったです。
エッセイとしても面白かったし、結構ためになる話多かった。買って良かった。
一日でバーっと読めちゃいました。

エッセイを読んでみて、オードリーの若林っていう人は、
自分で考えて生きてきた人、自分の感覚を手放さずに生きてきた人なんだなっていう感じがしました。

当たり前のことなのかもしれませんが、案外難しいことだと思います。

人のアドバイスに流されて、流されたのは自分なのに、あとで失敗して人のせいにしたり、
世の中こんなもんなんだって思いこまされて、自分で見たことも経験したこともないことなのに
偉そうに分かったように、人に説教したり。
そういうことって、結構たくさんある気がする。

売れなかった20代の大半をネタ作りと称して公園で相方とキャッチボールをやって過ごした若林。
30歳ごろにようやくブレイクして、一躍時の人になった。
ブレイクしてからは、一発屋で終わってしまうのではないかという不安と戦ってきた。

自分の道を自分で選んで、
いろいろな経験を、自分であーだこーだ考えてきた若林の言葉は、
地味に心にくる名言が多かった。
普段ネガティブだったり考えすぎるタイプの人、必見です。

「深夜、部屋の隅で悩んでいる過去の自分に言ってやりたい。
そのネガティブの穴の底に答えがあると思ってんだろうけど、
20年調査した結果、それただの穴だよ。地上に出て没頭しなさい。
(中略)ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ。」だそうです。

普通に文章が上手かったので、びっくりした。
今まで気にしてなかったけど、ちょっと若林、だいぶ若林、好きになった笑

モテキ

モテキ DVD通常版モテキ DVD通常版
(2012/03/23)
森山未來、長澤まさみ 他

商品詳細を見る


モテキ観てみました。※ネタバレ注意

サブカル好きの三十歳セカンド童貞の幸世。ライターの仕事をしている。
モテない人生を歩んできたが、ツイッターで知り合った女性を皮切りに、何故かモテはじめる。

簡単に紹介すると物語冒頭は↑のような感じなんですが、
長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木ようこの四人から告白されて
モテまくる・・・っていうのを想像してたのですが、
思ったよりモテてなかったです。

長澤まさみからは本気でホレられてるというより
ちょっと気になっててナシな男じゃないからイチャついてみて様子見ようかなっていう感じの迫られ方だし、
仲里依紗はガールズバーの店員で、ちょっとおっぱい揉んで話聞いてもらうだけだし、
真木ようこに至ってはただ主人公を罵倒したり叱咤激励したりするだけの上司。

唯一、主人公に本気で惚れてたのが麻生久美子
でも主人公はお気に召さなかったらしく、
というか長澤まさみがどうしてもいいらしく、
麻生久美子がプライドも何もかなぐり捨てた決死のアタックをしてるのにバッサリ断る。
まあ、好きじゃない女にあそこまで捨て身で泣きつかれたらむしろ怖いか・・・。

リアルに考えると
まさみが散々思わせぶりな態度取っといて主人公と付き合わないくせに、
「俺久美子とヤったよ」って言われて傷つくところとか、
主人公がまさみのこと好きって言いながら久美子に迫られて勢いでヤった揚句
「俺あの子とヤったよ」ってそれを悪びれずに本命のまさみにつぶやく無神経さとか
男・女双方に対してうぜーって思うことも多かった。

最後まさみとくっつく展開も???て感じだった。
まさみの「あなたとじゃ成長できない」の台詞が一気に軽くなっちゃった。
そのあと主人公が歯喰いしばって恋敵を褒めたたえるコラムを書いた意味も薄くなっちゃった。

でも森山未来の演技がうまくて、自意識過剰な雰囲気がよく出てたからこそイライラしたし、
かわいくてエロい長澤まさみは新鮮で、
嗚咽しながら男にしがみつく麻生久美子が見れてよかった。
perfumeとダンサーと踊ったりカラオケ風のノリのいい演出も面白かった。
軽~く流して見たら楽しい映画。

ヒミズ

【映画パンフレット】 『ヒミズ』 監督:園子温.出演:染谷将太.二階堂ふみ.吉高由里子.西島隆弘【映画パンフレット】 『ヒミズ』 監督:園子温.出演:染谷将太.二階堂ふみ.吉高由里子.西島隆弘
()
Livraison

商品詳細を見る


園子温監督、原作は漫画「ヒミズ」。

ヒミズ コミック 全4巻 完結セット (ヤンマガKC )ヒミズ コミック 全4巻 完結セット (ヤンマガKC )
(2012/03/09)
古谷 実

商品詳細を見る


今回、漫画未読で映画だけ見ました。

何本かまとめてDVD借りてきて、
数本観たところでなんとなく見るの疲れてきたから、
もう見ないで返そうかなー・・・と思ったのですが
YouTubeで予告編見たら、なんだこれ俄然見たくなってきた!!ってなったので観ました。
疲れふっとびました。夢中になって観れました。

★あらすじ
舞台は東日本大震災後(この設定は映画のみのようです)の日本。

ボート小屋で母と二人で暮らす住谷くん(中学生)。
たまにやってきては金を要求し、暴力を振るうクズの父親に住谷くんはうんざりしていました。
お母さんは殴ったりはしないのですが、だらしない感じのお母さんで、とにかく住谷くんは
自分をとりまく環境にうんざりしていました。
うんざりしながらも、中学を卒業したら、ボート小屋で仕事をして、
「普通」に生きて行くことを心底望んでいました。
しかしある日、住谷くんはお父さんを殺してしまうのです・・・

★感想※ネタバレ全開
園子温監督は、パンチの効いた作品を作る監督だな~と思う。
毒があって、演出もドぎつくて、苦手な人は受け付けないと思うけど、
前観た「冷たい熱帯魚」に続き、この「ヒミズ」も素晴らしい。

まず、主役の二人の演技が上手すぎてびっくりした。
染谷将太と二階堂ふみ、異彩放ちすぎでしょう二人とも。
染谷将太は憤りを抱えて発狂寸前で叫びながら暴れて
暴れたあと焦点の合わない目で涙を流す演技が凄まじかった。
二階堂ふみは電波少女の精神おかしくなってる明るさを見事に表現してた。
この二人の存在感だけでもお腹いっぱいだった。

そして、今回監督は物語の舞台に、原作にはない「東日本大震災後」という設定を付け足した。
映画を見終わって、大きく絶望に陥った日本への監督のメッセージは
すごく簡単にまとめてしまえば「希望を持て」ということだろうけど、
そのメッセージの伝え方に感動した。
冒頭で教員の言う「がんばれ」「夢を持て」「君達は世界にたったひとつの花だ」
というセリフの白々しさをこれでもかと強調し、
うわ~相変わらず皮肉たっぷりだな。って思ってたら
物語の最後でもう一回その台詞を持ってくるっていう。

冒頭で聞いた「がんばれ」とは全く違った「がんばれ」に聞こえてくるから不思議。
私は、園監督はこういう「がんばれ」とか「夢を持て」とかそういう言葉を嗤う人だろうと思ってて、
最後にこういう形で持ってくるとは思わなかったから、一本取られました!って感じだった。
私自身「がんばれ」っていう言葉が大嫌いだったけど、
この映画で絶望を味わってなお生き続けることを選んだ二人が叫び続ける「がんばれ」は、心に響いた。
言葉で表現できないたくさんの力が、最後の「がんばれ」には詰まってた。

正直、震災と絡めたことでちょっと不自然な感じはするけれど、
これだけバラバラ、でたらめに見える構成で、
一本太い芯を作品に通し、人を感動させることができるのは、すごいことだと思います。天才。

「愛のむきだし」も観たいなあ。

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる 通常版 [DVD]探偵はBARにいる 通常版 [DVD]
(2012/02/10)
大泉 洋、松田龍平 他

商品詳細を見る


大泉洋と松田龍平が出てるハードボイルド探偵コメディ。

あらすじ。
BARを拠点に探偵をしている大泉洋と助手の松田龍平。
ある日、「近藤京子」と名乗る女から
「南という弁護士に、二月五日に加藤という男がどこにいたか聞いてほしいの」
と依頼の電話がかかってくる・・・

感想。
いろんな要素が詰め込まれている本作。
まず、タイトル通り「探偵」「推理物」要素、
やくざ等がからんできて殺されたりボコられたりとバイオレンス要素。
大泉洋を起用するのだからそりゃ当然入ってくるだろうコメディ要素。

どの要素も中途半端であんまり面白いと思えなかったなあ・・・というのが正直な感想。
主人公と助手の役名すら覚えてないっていう。雑ですいません。

大泉洋と松田龍平が好きなので結構期待して見たのですが、
シリアスとコメディの配分があんまり上手くなくて、
大泉洋がシリアスなこと言ってるシーンなのにコメディっぽく見えちゃう。
(脚本うんぬんの前に大泉洋のキャラクターのイメージが強すぎるからかもしれないが。)
そのせいで推理物で結構バイオレンスに人が死ぬのにいまいち緊張感がない。
コメディものとして見るとところどころ重すぎて楽しく見れない。
二時間という時間も長く感じました。

松田龍平が役をやってる助手のキャラは好き。
情に厚くてアツイ探偵とやる気のない助手っていう二人のコンビが楽しかったので、
もっとコンビで動くところが見たかった。

モンタナの風に抱かれて

モンタナの風に抱かれて [DVD]モンタナの風に抱かれて [DVD]
(1999/09/24)
ロバート・レッドフォード、クリスティン・スコット=トーマス 他

商品詳細を見る


ニューヨークで暮らす弁護士のロバート、雑誌編集長のアニー、13歳の一人娘グレース。ある日、グレースが乗馬中の事故で片足を切断、愛馬ピルグリムは事故のショックで暴れ馬になってしまった。深く傷ついた娘と馬を立ち直らせるため、アニーは馬を癒す能力(ホース・ウィスパラー)のカウボーイ、トム・ブッカーの元を訪れる。(wikiより引用)

若き日のスカーレットヨハンソンがとても知的な顔立ちでかわいかった・・・。
古きよき映画。

アイス・カチャンは恋の味

アイス・カチャンは恋の味
※マレーシア映画

マレーシア映画なんて見る機会があるとは・・・
BSで午後1時ごろから映画を流してるチャンネルがあるんですが、そこでやってました。
まあ、それが見れたのも仕事をやめたからだね!はは!わらえねー。

父親のいない(離婚して母親に引き取られた)、気の強い女の子と
無口でなさけない、でも頑張りやの男の子のラブコメディー。

父親がいないことを悪ガキにからかわれながらも強く育っていく女の子の姿が
闘魚(鉢の中で魚を闘わせる賭け事)と重ねながら描かれているのが印象的でした。

ネットで見た感じだとまあまあ辛口の批評も多いですが、
私は結構好きですね。面白かった。全部真剣に見たわけじゃないですけどね。

カットのひとつひとつが色彩が綺麗で、どこを切り取ってもポストカードにできそうな画なんです。
色とりどりのキャンディの詰め合わせみたいな映画でした。
思いの他雰囲気は重いですが。

あんまりお行儀のよくない近所に住む人同士のけんかとか、
田舎の閉鎖的な人間関係とかを、コメディタッチで描いてるところも好き。

なんとなーく昼さがりに流してぼーっと見るといい。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。