スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇き。―小松奈菜のプロモーション映画

現在公開中の「渇き。」見てきました!

かわき

こちらは深町秋生『果てしなき渇き。』という小説が原作だそうです。

今回は未読で映画だけ見に行きました!

中島哲也監督「嫌われ松子の一生」とか「パコ」とか「告白」が印象に残ってますが
いつもカラフルで派手な演出・画面処理が特徴的ですよね。

原作を読んだ友人と見に行ったのですが
映像化は無理と思うほど過激な作品だそうで、期待して見に行きました。
よかったです!

しょっぱなからイっちゃってる感じの雰囲気全開。
写真の連写のように映し出される極彩色の画面音楽、
時にアニメ、アンダーグラウンドの世界。

その雰囲気は最後まで壊れることなく、
怒涛の二時間、まさに劇薬のエンターテインメント!

正直話の筋は説明不足感もあり意味分からんかった。
「嫌われ松子」はイカれた演出ながらも、話の筋や主人公の気持ちを追いやすい作りだったし、
映画の中で松子の存在が一本通ってる感じだった。
でも「渇き。」では誰の気持ちとも一体になることはできないし
スナップショット(断片)の集まりみたいな感じでまとまりもない
だから映画としては嫌われ松子の方が上等な感じがする。

でも役者陣の演技、とにかくよかった。
役所広司、オダジョー、妻夫木、橋本愛、二階堂ふみ、黒沢あすか、豪華絢爛の俳優陣。

なんといっても小松菜奈最強かわいい
小松菜奈が次どんな顔をしてくれるんだろーと思って見てるだけでも幸せ。
男たちが次々ひどい目にあわされても惑わされちゃう気持ちに説得力があった。
原作を読んだ友人によれば「主人公のイメージとはちょっと違う。底がしれない感じはよく出てたけど」
らしいが、主役が小松菜奈でほんとよかった。

なな

なな2

天使みたいな悪魔の役にぴったり。
普通に「かわいい」だけで終わらない、特別なかわいさを持っていて、
声もとてもよかった。女優として今後も頑張ってほしい!

二階堂ふみは既に私の中でベテラン役者みたいな立ち位置になってきたというか、
イカれた役どころにふみさんが置かれると、
ああ彼女ならちゃんとイカれてくれるだろうなぁっていう安心感がある。
今回ももれなくクソ野郎になってくれてました。

役所広司のクズアル中っぷり、オダジョーのイカれっぷり、妻夫木の腹黒っぷり、
役者のお祭りでした。
ごちそうさまでした。
「雰囲気」と「勢い」だけで満足できちゃう映画でした。

原作読む。
スポンサーサイト

All you need is kill

お久しぶりに更新します。
本当に久しぶりすぎてブログに蜘蛛の巣張ってそうです。
見に来てくださっている方、申し訳ありません。

もはや新しくブログ作ろうかとも思ったのですが、
せっかく前書いた分ももったいないし、書き足すことにしました。

さて、最近見たのがAll You Need Is Killという映画でございます。
※現在公開中!
機動ジャケット等の原作のアイテムをリアルに再現した制作に感動!
タイムループの演出もテンポよく、エンターテインメントとしてとても面白い映画でした!

al yu nes2

トム・クルーズ主演!

<あらすじ>
ギタイ」と呼ばれる地球外生命体に地球が侵略され、人類は窮地にたたされる。
キリヤ・ケイジ(主人公。トムクルーズ)は統合軍のメディア広告担当の少佐であったが、
突然前線に送られることに。戦いの経験が皆無のキリヤは戦闘初日に命を落とす…が、
気付くと戦闘開始前日の自分になっているのであった。
幾度かそれを繰り返すうち、キリヤは死んでは開戦前日からやり直すという
時のループにハマっていることに気づく。・・・

※以下、感想に超ネタバレ含みます。ご注意を。

こちら原作はなんと日本人の方が書いているラノベなんですね。

books.jpg

桜坂洋さん原作。
日本では原作のタイトルがそのまま採用されて映画のタイトルも
「All You Need Is Kill」となっていますが、映画の原題は「Edge Of Tomorrow」らしいです。
個人的にはキャッチーな原作のタイトルの方がが好きかも。

ハリウッドで実写化されるなんてすごい!ということでミーハーな私は原作を即買い。
読んでから映画を見に行きましたところ、とても面白かったけど結構シナリオが違ってました。

主人公の身分の設定とかギタイの倒し方の設定とか
その辺も違うんだけど
一番分かりやすく違うのは

原作は悲恋もの
映画はハッピーエンドものという点ですね!

映画ではリタさん死なずに生きてます。
原作のリタが死ぬシーンとか二人のうちどちらかが死なないとループが終わらないみたいな状況設定が
好きだったので、「あーやっぱハリウッドこっちいったかー」という感じでした。

原作との違いによって印象が変わった点としては

★原作:キリヤ初年兵⇒映画:メディア担当少佐
 原作ではキリヤは初年兵という設定だったので、訓練を共にした仲間や先輩との日常が描かれていた。
そのため元少佐で突然前線に送られた映画版設定よりも、
原作の方が仲間との絆や、主人公が背負っているものに重みが感じられた。

★機動ジャケットのセーフティを解除して斧で戦う設定が映画では無くなっている
これがリタとキリヤの他との強さの差で、ものすごいゴツイ斧を子犬みたいな女の子が振り回してる絵は
見せ場になると思っていたので、
ゴツイ女性(エミリーブラントの演技はいいんですが、小説の描写と比べるとゴツイなと)がマチェーテみたいな
細めの斧で戦っているのはリアリティはあったけど、ちょっと残念。
主人公と二人で斧振り回すシーンが見たかったな~。

★ギタイのビジュアルがだいぶとんがってる。

カエルみたいって書いてあったので、かおなしの最大級に太った時を想像していたのですが
映画ではどっちかっていうと「うに」みたいな感じでした。

★なんか映画におけるリタの最強感が薄い。
上記の斧とも関係してると思うんですけど、戦場で死にそうなリタを主人公が助けるみたいな描写ばかり
出てくるので、リタってもっとできる子じゃなかったっけ?って思っちゃいました。
一応映画でも「最強の女性兵士」という設定ではあるようなのですが、
映像で実感させてくれる場面が少なかったような・・・。

ただ、訓練で主人公を問答無用で殺(リセット)しまくるドSっぷりには最強女子感がありました。

★主人公は実戦で強くなるというより、リタとの訓練で強くなる。
原作ではキリヤは戦闘前日から翌日の戦闘までを繰り返すことでひたすら強くなった感がありましたが、
映画では対ギタイ訓練施設でリタと二人でひたすら訓練、
訓練中に負傷した場合その場で射殺という。
そんなにバカバカ死んでいいんかいみたいな。
まあ、映画では主人公はとにかく死にまくってオメガの幻覚を見ないといけない
(ループから抜け出る方法が原作と違う)設定になってるからなんですが。
なんか訓練の様子があんまり見てて面白くなくて・・・

・・・などなど、いろいろ原作と比べてみると違ってるー!っていう点もありましたけど、
そうやって比較してみること自体面白かったですし原作を「台無しにする」映画では全くないです!

上官たちにタイムループのことを分かってもらおうとする場面とか、
死にかけて死ねなかった場合などの原作にはないリアリティを追及している点はたしかに~となりましたし、
機動ジャケットもリアルに再現されてて、
話の筋は違えどタイムループ戦争物という世界観を味わえたので大満足です。

同じ設定を使った、違う楽しみ方の物語を二つ見ることができたみたいな感じでした。
私は映画館で見てよかったです★


あ、ちなみに小畑健氏作画の漫画もあるようです。
alyu ned
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。