スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リップヴァンウィンクルの花嫁

ripp.png

「花とアリス」の監督、岩井俊二作品を久々に堪能。
相変わらず、イライラさせる女の子を描くのが本当に上手で、
人間という存在にまとわりつく、じめじめした不気味な何かを
映画内を漂う空気の中で表現するのが本当に上手で、
素晴らしかったです。

「リップヴァンウィンクル」をググってみると、
アメリカの短編小説のタイトルであり主人公の名前らしい。そしてその内容は「日本版浦島太郎」。
アメリカ英語では「眠っている人」「時代遅れの人」といった意味合いの慣用句だそうです。
映画の中での意味はお楽しみ。

キャストは豪華。
黒木華、Cocco、綾野剛と大物若手が出てます。
Coccoは役者というよりほぼほぼそのまんまな感じがします。笑
黒木華、この人は、女優として、美人の役ももさい役もどっちもできるからいいね。

ストーリーは、Cocco演じる真白に黒木華演じる七海が出会う前と出会った後で
大きく2つに分かれる。
真白に出会う前の七海の人生はといえば、
国語の非常勤講師とコンビニ店員をかけもちする生活、
生徒からは声が小さいと揶揄されいじめられる。
教員としての適性がないとみなされ解雇されてしまう。
ネットで知り合ったマザコン男と結婚する予定だったので寿退職ということにしたけれど、
結婚してすぐに、姑にハメられて浮気したことにされて離婚させられるという悲惨なもの。

七海はただはっきり主張できない性格だっただけのようにも思えるけれど、
でもその性格が致命的で、
周囲のちょっとした悪意に振り回されて、
気づけば底知れない悪夢みたいな流れに呑まれていってしまってる。

はっきりと主張できない人間が、どんどん悪い流れに呑まれていっちゃう空気感が、
なんとなくダンサーインザダークを彷彿とさせた。
いや、内容は全く違うんだけど、なんか流れる暗さの質が同じというか。じとっとしてた。

真白に出会ってからの後半は、状況がよくなるわけではないけど
主人公七海は元気になっていきます。
詳しくは、映画見てください。

じめじめしてるけど何かきれいなものを見たような、
でも現実を突き付けられたような、そんな映画でした。
スポンサーサイト
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。