FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ [DVD]イングロリアス・バスターズ [DVD]
(2012/04/13)
ブラッド・ピット、メラニー・ロラン 他

商品詳細を見る


第二次世界大戦下のフランスが舞台。
ナチスものです。
ブラピはナチス軍人をバスターする側の役です。
戦争物だけどコミカル。
戦争コメディっていうジャンルもあるのかもしれない、と思った。

************************************

やっぱりタランティーノって天才だなー!と思わされる一本。
めっちゃよく出来てるしおもしろい!!脚本すごい。
タランティーノ監督の映画の中で一番好きです。

パルプ・フィクションでも思いましたが、
タランティーノ作品の魅力は駆け引きの緊張感ではないでしょうか?
今回の「イングロリアス・バスターズ」では、特に緊張感を楽しむことができました。

もうひとつの魅力はテンポ感。
かなり残忍なシーンや重たいエピソードもあるのですが
コミカルな演出によってそれを負担に感じさせません。

様々な人物のエピソードをつぎはぎして一つの大きな物語を形成していく手法は
パルプ・フィクションと通じますが、パルプ・フィクションよりも小慣れているというか、
冗長な演出も減り鑑賞しやすくなったと思います。
パルプ・フィクションにはパルプ・フィクションのよさがあると思いますが
個人的には洗練された感じのするイングロリアス・バスターズの方が好み。

グロいの結構平気、という人はぜひ一度ご鑑賞ください!!長いけど面白い。
(グロさ的にはまあまあグロいです。頭の皮はいだりバットで脳みそ散乱したりします。
あと容赦ない感じですいろいろ。)

★その他感想箇条書き(ネタバレ全開)↓

・ブラピもよかったけどナチの大佐役のクリストフ・ヴァルツの演技がすごかった。
 特に印象に残っているのは、最初のユダヤ人を匿っている家を立ち入り調査するシーンで
 探りを入れる雑談から、「お前はユダヤ人家族を匿っているな?」と核心に迫ろうとするときの
 顔の微妙な変化。眉毛や口、顔の筋肉のほんの少しの動きで、一瞬にして
 残酷な大佐の顔になったなーと感じました。

・スティーグリッツの紹介wwジャジャーンてwしかもお前だけかよw
 絶対気に入ってるキャラクターなんだろうなあ。

・即効で自分の味方の居場所教えるドイツ兵、ウケました。

・ランダ大佐よりもショシャナに迫ってきたツォラーさんがウザかった。
・ランダ大佐は嫌みで粘着質すぎるところがウザイを通り越してかわいい。
 一番最後のめっちゃ焦りだすところ超かわいい。なんでそこだけそんなにツメが甘いの、浮かれすぎ。

・ハマーシュマルクさんが足の傷をグリグリされるところが一番痛かった。ああああ

・ショシャナが死んじゃうところは嫌だけど、ツォラーが反撃したときは
 「さすが軍人、やるな」と思った。

・最後の映画館炎上のシーンは鳥肌物。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

おもしろいですよね!

途中の酒場のシーンなんか長いのにおもしろくするタラちゃんはさすがだと思いましたし、クリストフ・ヴァルツの「that's so bingo!」の子供みたいに喜んだ顔、演技うますぎですね!

大好きなドイツのドラマ「アラーム・フォー・コブラ11」のギデオン・ブルクハルトが出てて驚きました。

タランティーノ監督の「デス・プルーフ」もオススメです!

No title

ヘドバンゴリラさん
コメントありがとうございます!

これいいですよね~。

そうなんですよ、
めっちゃ長くてセリフと目配せしかないシーンなのに、駆け引きがおもしろい!
ビンゴーのところから大佐はキャラがどんどん立ってきてましたね笑
ヴァルツさんの演技力のたまものでしょう。

「デス・プルーフ」ですか、それはぜひ鑑賞したいです
鑑賞したいものがどんどん増えて大変です。
プロフィール

うみどらねこ

Author:うみどらねこ
映画を見るのが好きで感想を主に綴ってます。
ネタバレもあるので閲覧注意!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。